清原果耶『おかえりモネ』りょーちん・永瀬廉が壮絶死の可能性も、NHK朝ドラ“死の法則”とは?

拡大画像を見る

 NHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』の第21週「胸に秘めた思い」(10月4日~8日放送)で、主人公・百音(清原果耶/19)の妹・未知(蒔田彩珠/19)が、及川亮(永瀬廉/22)への苦しい胸の内を告白。2人の恋の行方が最終週でどう展開するのか、朝ドラの定石となっている、ある“法則”から考察してみた。

 第21週の舞台は19年11月、百音は、水産高校を卒業後、水産試験場で働いてた未知が、東京国際海洋大学の金子教授に「うちで研究に専念してみないか」と何度も誘われていることを知る。しかし、未知は東京は苦手だと断っているらしい。

 そして、ある夜、気仙沼へ未知を車で迎えにいくと、「ちょっと飲みすぎた」と、いつもより酔っているようで様子がおかしい。そこで、百音は「そんな状態で帰ったら、お母さんたち心配する。ちょっと落ち着いてからにしよう」と、未知の気持ちを聞こうとする。

 亮と一緒に飲んでいたという未知は、いつも漁師の彼が海から戻ってくるのを待っているとし、「でも、いつもこっちから。船、港に入る日分かるから。連絡すると、普通に来てくれる」と、誘うのは自分からだけで、亮から連絡が来ることはないと明かす。

 これに百音は「帰りを待っててもらえてるみたいで、りょーちんもうれしいんじゃないかな」とフォローするが、未知は「でも、いつもこの時間に帰される。分かんない、もう。何年経っても分かんない」「勝手にずっとそばにいて、助けてあげたいなんて思ってきた」と告白。

■朝ドラで必ず描かれる身内の死

 さらに未知は、亮は好きな人を作らないと思っているかもしれない語ると、「だとしたら、怖くて聞けない。私は、ずっと何してきたんだろう……」と胸中を吐露。そのとき百音は、亮が「怖ぇじゃん。死ぬほど好きで大事なヤツがいるとかさ。その人、目の前から消えたら、自分が全部ぶっ壊れる」と話していたことを思い出していた。

 予告動画によると、次週では漁に出ていた亮が三陸沖の大しけに襲われ、船が動けなくなってしまうらしい。ここで浮かんでくるのが朝ドラの法則とも言えそうな、“身近な者の死”がストーリーに入ってくることで、未知と亮の恋の行方どころではない展開を予想させてしまう。

 前作、20年度後期の『おちょやん』では主人公の父・テルヲ(トータス松本/54)が肝臓を患って亡くなり、同年前期の『エール』では戦中が長く描かれたので、多くの身近な人たちが亡くなっている。また、19年度後期の『スカーレット』では、息子の武志(伊藤健太郎/24)が26歳の誕生日を前にして亡くなっている。

 一方、『おかえりモネ』は、ここまで不思議なぐらい登場人物が亡くなっていない。年齢的には、最近、体の衰えが描かれている祖父・龍己(藤竜也/80)が亡くなる可能性があるが、その必然性が感じられないため、意表をついて亮が海から帰ってこられずに亡くなってしまうこともありそうだ。

■みーちゃんの気持ちは通じるのか?

 そこで、番組公式サイトの“あらすじ”内にあるフォトアルバムコーナーで、次週のシーンを切り取った写真をチェックすると、予告動画だけでは分からない展開が見えてくる。あくまでも写真を元にした想像だが、さらなる最終週の考察をしてみよう。

 まず、亮の父親・新次(浅野忠信/47)が「けせまひめ(“けせま”は気仙沼のち名の由来)」という品種のイチゴの箱を持っている姿や、それを永浦家で食べている笑顔の写真がある。これから、カリスマ的漁師だった新次が海と決別し、イチゴ栽培に新天地を求めているようだ。

 また、問題の亮についてだが、彼を心配する人々の姿や、新次が港の桟橋に立ち、息子がいるであろう夜の海を見つめている姿に加え、髪の毛と服が濡れたような亮が写っている写真が。背後にホッとした漁業関係の人らしき姿も見られるので、海から無事に戻ってくる可能性が出てきた。

 予告動画には、未知が「海から戻ったら、話したいことがあるの」と語りかけ、亮が「分かった」と優しい笑顔で応じるシーンがある。果たして、未知は本当の気持ちを亮に打ち明けることができるのか、最終回まで注目したい。(ドラマライター/ヤマカワ)

関連リンク

  • 10/12 6:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます