黒島結菜「気持ち的には折り返し」 NHK朝ドラ「ちむどんどん」クランクイン

拡大画像を見る

 来春スタートのNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のヒロイン・比嘉暢子役を演じる女優・黒島結菜(24)が今月5日にクランクインし、11日にコメントを発表した。

 黒島は「ヒロインの発表から半年くらいたっていることもあり、気持ち的にはもう折り返した気分」と打ち明け、「ここからあっという間に終わっていくんだなという気持ちが強くて、一日一日を大事にしていかないといけないと思いながら撮影に臨んでいます」と思いを語った。

 沖縄が舞台で、自身も沖縄出身とあって、生家のセットに「私の島のおばあちゃんの家のつくりとほとんど一緒なので、懐かしい気持ちになりました」となじんでいる。

 小林大児チーフプロデューサーは「沖縄復帰50年というテーマを持っていて、うちなんちゅ(沖縄県人)の方々に演じてもらいたかった。その中で、オーディションをするのではなく、自然と黒島さんのイメージで作っていた」と黒島の起用理由を語り、「コメディーもシリアスも演じ分けられて、すがすがしい清潔感がある」と魅力を説明。

 おいしいものを食べることと作ることが大好きという設定で、料理シーンも多いが、黒島は実際に料理好きだといい、「作った物を実際に食べて、おいしいと思いました」と太鼓判を押していた。

関連リンク

  • 10/12 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます