高橋真麻の食欲が帰ってきた!牛丼、カレー…「驚異の爆食いぶり」が大評判

拡大画像を見る

 爆食アナとしておなじみの高橋真麻。900グラムものステーキとライス2人前をぺろりと平らげたこともある。だが、出産してからは食べるペースは抑えぎみ。ブログでは痩せたことを明かし、おなじみの大食い報告もすっかりご無沙汰になっている。だが、食欲の秋に「真麻の食い気」が戻ってきたようだ。10月6日のブログで報告された食事量がハンパではないと評判だ。

 朝食は牛丼。盛りを見ると普通のようだが、横には「肉だく」の印がついたカップが見える。どうやら一人前に牛丼の肉だけを追加したようだ。

 お昼はロケ弁で人気のカレーショップのカレーをデリバリー。なんとチキンとホタテ、2人前のようだ。

「続いて『今日のお弁当』のタイトルでロケ弁が公開されています。これがおそらく夕食でしょう。たっぷりのご飯の上に大きな鮭の切り身が乗っていて、さらに鶏の唐揚げや煮物なども見えます。かなりのボリュームのロケ弁ですが、高橋が食べたのはこれだけではありません。セブンイレブンの鶏の照焼き弁当を追加している。ご飯の上に鶏の照焼きが敷き詰められたお弁当で486キロカロリー。2つの弁当で1日分のカロリーを摂れるのでないでしょうか」(週刊誌記者)

 そして夜にはスタイリストがスコーンを買ってきてくれたことを報告している。これを食べたかどうかは明らかにしていないが、高橋なら完食したはずだ。

「全盛期の食事量にはまだ及びませんが、普通の人よりははるかに多い。完全復活したと考えてよさそうです」(前出・週刊誌記者)

 高橋が1kg近いステーキをペロリと平らげる日も遠くなさそうだ。

関連リンク

  • 10/12 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます