他人に興味を持てない?!あなたの「実は冷めてる度」チェック

自分自身の性格について考えるときに、実は私って冷めた性格なのかも……と感じたことはありませんか?

意外と自分を客観視してみると、冷めた部分がわかることも多いものです。
そこで今回は、あなたの実は冷めている度をチェックしていきたいと思います!

(1)気持ちの切り替えが早い


気持ちの切り替えが早い人は、ある意味ドライで冷めている部分があるということ。
落ち込むことがあっても早いうちに気持ちを切り替えられるなら、それはたしかに長所になります。

ですが逆に見方によっては、物事に執着しすぎないせいで冷めていると思われることも多いかもしれません。

(2)物事にすぐに熱中できる


物事にすぐに熱中できるタイプの人は、いわゆる熱しやすく冷めやすい性格の人が多い傾向にあります。

そのため熱中しやすい人は、意外と冷めている部分も目立ちやすいのです。
気まぐれで飽きっぽい性格から、周りからは意外とドライと思われている可能性もあります。

(3)あまり動じない性格


普段から動じない冷静なタイプの人は、見方によっては冷めていると思われることもあります。

動じない、あわてないということは、物事や人にある意味そこまで期待していないととらえることもできますよね。
いつも冷静だよねと言われる人は、また別の人からは冷めていると思われている可能性があります。

(4)一人の時間が好き


他人とのコミュニケーションが苦手というわけではないけど、一人の時間はけっこう好き……。
そんな価値観の人は、意外とそこまで他人に興味がないからこそ一人の時間のほうがいいと思えるのかもしれません。

休日は一人で過ごすことが多いという人は、性格的にはどちらかというと冷めている部分が多い可能性があります。


自分自身の性格が冷めているかどうかは、考え方や価値観をよく見返してみないとわかりませんよね。
人には多かれ少なかれ冷めている部分はあるものです。

そんななかでも以上のようなポイントに当てはまる人は、冷めている度が高いといえるので、ぜひチェックしてみましょう。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/11 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    10/12 21:13

    気持ちの持ちかえは駄目ですね、かなりしつこく根に持ちますね。他は大丈夫ですが。やった本人は知らん顔だからかなり長いこと根に持ちますね。表では笑顔ですが。それまではかなり我慢はしますが。

  • 液体窒素並みの心の持ち主です(ΦωΦ)

記事の無断転載を禁じます