「OMOIDE for Wedding」でウエディングの思い出を翌年以降の結婚記念日に届けよう!


時をこえて人の想いをつなぐアプリ「OMOIDE」を提供する「おもいで」は、10月6日(水)より、同アプリの新バージョンを提供するとともに、結婚式の参列者が会場で撮影した写真や動画にお祝いのメッセージを添えて、翌年以降の結婚記念日に新郎新婦へ届ける新サービス「OMOIDE for Wedding」の提供を開始した。

QRコードで簡単にメッセージ作成

同サービスは、QRコードが印刷されたカードを参列者に配るだけで、翌年以降の結婚記念日に新郎新婦へみんなでメッセージを届けることができるもの。

QRコードを読み取れば、届け先や到着日が自動設定されるので、SNSに投稿するように簡単にメッセージが作成できる。また、メッセージを贈る人も、受け取る新郎新婦も、おたがいのメールアドレスを知る必要はなく、プライバシーも万全だ。

アプリをインストール


同サービスの利用方法は、まず、挙式に先立って専用QRコードを準備。QRコードは1年後に届くもの、2年後に届くものといった様に、複数種類準備することもできる。

そして、挙式当日、受付で参列者にQRコードが印刷されたカードと利用方法を渡し、挙式時間までにOMOIDEアプリをインストールするよう依頼。参列者の座席にあらかじめカードを置いておくことも可能だ。

届ける年ごとにテーマを決めることも


その後、参列者は挙式中撮影した画像や動画から「これぞ」というものを選んで、簡単なメッセージを添えて、未来の新郎新婦に贈る。1年目は「新郎新婦の最高の笑顔」、2年目は「新郎新婦と一緒に撮った写真」など、届ける年ごとにテーマを決めることもできる。

翌年以降、結婚記念日を迎える新郎新婦のもとに、結婚式に参列してくれた友人たちから素敵なおもいでの写真と暖かいメッセージが届く。

価格は、1挙式あたり15,000円〜となっている。

新郎新婦へのプレゼントにもぴったりな新しいサービスをチェックしてみては。

画像をもっと見る

  • 10/11 19:32
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます