飲酒運転で免停処分を受けた大富豪の娘「公共交通機関を使うのはイヤ」と減免求める(英)

拡大画像を見る

英チェシャー州プレストベリーに住むケイ・ホルクロフト(Kay Holcroft、24)は8月15日深夜、帰宅するため車を運転していたところ警察官に呼び止められた。そして呼気検査を受けた結果、アルコール制限値を21ポイント超過していた。彼女は飲酒運転したことを認め、15か月間の運転資格を失った。

しかし大富豪の娘でソーシャライトとして有名なケイは「通勤に公共交通機関を利用しなければならなくなるため、運転を禁止されると大きな影響がある」と主張し、ストックポート治安判事裁判所に減免を求めたのだ。

検察官のガレス・ヒューズ氏(Gareth Hughes)は、聴聞会で次のように述べた。

「8月15日、プレストベリー地区でパトロールをしていた警察官が危険な運転をしているBMWを目撃し、パブの前でその車を止めました。警察官によると、彼女はアルコールの匂いがして目も充血していたそうです。そして1時間前に友人と飲酒していたことを認め、呼気検査を受けました。その結果、100ミリリットルの呼気中に56マイクログラムのアルコールを検出しました。35マイクログラムの制限値に対して、21ポイント超過していたのです。」

一方で弁護人のサム・フィクスター氏(Sam Fixter)は、法廷でこのように語っている。

「被告人は過去に有罪判決や警告を受けたことはなく、事故歴もありません。彼女はマンチェスターで友人との食事中にワインを数杯飲んだ後、電車で帰宅しました。電車に乗っている間に酔いが醒めたと思い、運転して帰ろうとしたそうです。車は住んでいる場所から歩いて数分のところに停めていましたが、人目がつかない場所だったので一晩中置いておきたくはなかったと言います。」

「被告人は非常に反省しています。彼女はマンチェスターのチーサム・ヒルで働いていますが、今回の件で通勤に様々な公共交通機関を利用しなければならなくなり、大きな影響を受けることになるでしょう。」

これに対し治安判事は「外出してお酒を飲んでも次からはタクシーを予約してください。タクシーに乗れば、15か月間免許を失うよりも負担が少なくてすんだはずです。このメッセージが彼女に伝わるよう願っています」と告げ、ケイの主張を退けた。そして彼女に200ポンド(約30000円)の罰金と119ポンド(約18000円)の追加徴収の支払いを命じた。

なお今回のケイの主張には、世間からこのような非難の声が多数あがった。

「裁判官は『運転を禁止されると公共交通機関を利用しなければならない』という彼女の言い訳を受けて、禁止期間を2倍にすべき。」
「なぜ私が公共交通機関を使わなければならないの? 運転手はいないの? という意味でしょうか。」
「パパかママに迎えに来てもらえばよかったじゃない。同情の余地なし。」
「お嬢様、現実の世界へようこそ。」
「これは別の惑星に住む人の思考ですね。」

画像は『The Sun 2021年10月7日付「WHAT A PLONKER Drink-driving socialite, 24, begs judge not to ban her as she’ll have to ‘use public transport’」(Credit: Cavendish)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 上川華子)

関連リンク

  • 10/11 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • 脱走兵

    10/12 19:04

    大富豪?運転手も雇えないんなら大した事ないな。

  • 猫魔天狗

    10/12 18:31

    あきひろ蛆が女性に媚びを売り始めたんだぁ〜。

  • いち(

    10/12 16:43

    運転手を雇えばよろしい。

記事の無断転載を禁じます