“鉄道の日”にちなみNewDaysなどで駅弁会社監修の「駅弁風おにぎりシリーズ」を販売!


JR東日本クロスステーションは、10月14日「鉄道の日」に合わせて、10月12日(火)~11月1日(月)の期間、「NewDays」「NewDays KIOSK」「駅弁屋」などにおいて「駅弁風おにぎりシリーズ」第一弾を発売する。

人気駅弁3つのコラボレーション

今回「駅弁風おにぎり」シリーズとしてコラボレーションしたのは、牛丼風お弁当「牛肉どまん中」、味と陶器の両方が楽しめるお弁当「ひっぱりだこ飯」、50年以上前から続くロングセラーの「チキン弁当」の3種類。各駅弁会社の監修により、駅弁がより手軽に楽しめるおにぎりの形で登場する。

駅弁コラボおにぎり第一弾ラインナップ


「牛肉どまん中風おにぎり」300円(税込)は、山形県産米「どまんなか」を炊き上げ、甘辛く味付けした牛そぼろと牛肉煮を合わせた駅弁「牛肉どまん中」をイメージしたおにぎり。


おにぎりにした時の甘さのバランスに細心の注意をはらって作られている。


「ひっぱりだこ飯風おにぎり」280円(税込)は、穴子、野菜をたっぷり合わせたご飯でたこ煮を包んだ「ひっぱりだこ飯」をイメージ。


駅弁の“具だくさん”を再現するため、食材選びや配合量を工夫し、可能な限り具沢山に仕立てている。


「チキン弁当風おにぎり」240円(税込)は、昭和39年に発売された「チキン弁当」をイメージしたおにぎり。


当時から変わらない鶏唐揚とトマト風味ライスの組み合わせで、子どもから大人まで楽しめる。

販売店舗詳細

販売は、一部店舗を除く「NewDays」「NewDays KIOSK」や、東京駅「駅弁屋 祭 グランスタ東京店」ほか7店舗、上野駅「駅弁屋 匠 エキュート上野店」ほか2店舗、 新宿駅「駅弁屋 頂」ほか2店舗、大宮駅「駅弁屋 旨囲門 エキュート大宮店」などにて。

画像をもっと見る

  • 10/11 19:13
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます