ビジネス書の表紙をよく見ると? 「こんなん笑う」「デザインって怖い」

拡大画像を見る

ビジネス書は、『○○株式会社の○○代表が推薦』や『○○したければ○○しなさい』といった、文言が添えられているのが特徴的ですよね。

そうしたデザインの表紙を見て、買う人もいるのではないでしょうか。

トヨマネ(@toyomane)さんは、パソコンソフトの『PowerPoint』を使って、架空のビジネス書の表紙を作成。思わずツッコミを入れたくなる内容がこちらです。

そりゃそうよ!

思わずツッコミを入れたくなるほど、当たり前のことしか書かれてありません!

著者名や推薦人物の名前も、『トーゼン・ダロー』は「当然だろう」、『曽利谷奏代』は「そりゃそうよ」と読めてユニーク。

もし書店に置いてあったら、デザインだけを見て手に取る人がいても不思議ではないですね。

こうしたデザインに、多くの人が爆笑したようです。

・少し買いたくなりました。デザインって怖いですね。

・1冊くらいは本当に売ってそうだと思いました!

・こんなの見たら笑ってしまいます。

・だまされかけてしまいました。

当たり前なことしか書かれていないだけに、どんな文章が書かれているのか…そう考えると、ちょっと読みたくなりそうですね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @toyomane

関連リンク

  • 10/11 18:36
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ちろりーぬ

    10/11 22:14

    「おかげさまで100万部突破したい」がツボでした(笑)

記事の無断転載を禁じます