元SKE矢方美紀「コロナ禍の乳がん闘病」語る ポジティブに夢を追い続ける

拡大画像を見る

アイドルグループ・SKE48の元メンバーで、タレント・声優の矢方美紀さんが2021年10月6日、FWD富士生命保険のイベント「オンライントークセッション~コロナ禍におけるアピアランスサポートと私たちが今出来ること~」に登壇した。

矢方さんは25歳で乳がんと診断され、左乳房全摘出・リンパ節切除の手術を受けた。今もホルモン療法を行っており、注射や投薬を続けている。長引くコロナ禍で、自身の体調や心境の変化をどう受け止めているのか。イベント終了後、矢方さんにインタビューした。

闘病中でも「楽しいこと」に目を向けて

「どれだけ対策を徹底していても、感染してしまうリスクはありますよね。がん治療をする中で、コロナにもかかってしまったらどうしようかと...」

このように不安を吐露した矢方さん。しかし、すぐに表情を明るくして「でも、闘病経験を生かせる機会もありましたよ」と話した。例に挙げたのは、ワクチン接種に伴う副反応に備え、前もってスケジュールを調整し、準備を万端にしていた点だ。

「コロナのワクチンは、1度受けたら2回目は3週間後、と自動的に決められますよね。定められたスケジュールの中でも、自分の体調変化を想像しながら、上手に予定をコントロールできているのは、過去の経験のおかげです。2週間に1回のペースで抗がん剤治療を受けていた頃、副作用で思うように体が動かないことがよくありましたから」

自身の体験や気付きを、ポジティブにとらえて行動に移すのが「矢方さん流」だ。SNSで乳がんについて投稿すると反響が特に得られると感じ、病気がきっかけとなって自分を知ってくれる人がいると思うと、「自分にしかできないことと受け止め、情報発信する大切さ」をかみ締めているという。

「当初、自分の闘病経験を明かすことには、とっても勇気が必要でした。どうしてウィッグをつけて歩いているんだろう、何で乳がんになってしまったんだろう、こう思い悩む日もありました。ただ、病気であることをプラスとマイナス、どちらにとらえるかで、私を見てくれる人の層が変わるなとも感じたんです」

矢方さんが「パワーをもらっている」という、ある女性の話。同時期に乳がんとなり、手術を受けたサバイバーだ。弱音を吐くこともあるが、病気と付き合いながらおしゃれやスポーツ、趣味を楽しんでいて、本当に輝いているという。

「病気にならないのが一番ですが、その事実を受け入れて『たとえ病気だとしても、楽しいことをしていいんだ』と気付きました。イベントやラジオへの出演、SNS投稿などを通じて、そういう前向きな姿を見せたい」

「そのウィッグいいね」に喜びと自信

イベントでは、がん治療中の「アピアランス(見た目)」にまつわる悩みと、その克服法、周囲のサポートの大切さについて語った矢方さん。抗がん剤治療の影響で脱毛した際は、ウィッグを使っていた。

「脱毛する前から情報収集をして、色々と買いそろえていました。化学繊維100%のウィッグを10個くらい持っていたのですが、脱毛後1か月程度で2、3個くらいだめになり...安い買い物ではないのに、使い捨てるような形になってしまいショックでした」

脱毛後3か月後に、全国福祉理美容師養成協会(ふくりび)のフルオーダーウィッグに出会った。医療用ウィッグのため、ネットなしでそのまま着けられるほど、頭皮に優しいのが魅力だ。

以降は、5つほどのウィッグを日によって変えながら過ごし始めた。「着け心地が、それまで使っていたウィッグとはまるで違いましたね。ウィッグの方が自毛よりも巻きぐせがつけやすく、ヘアアレンジも楽しめました」と話す。帰宅したら頭からすぐに外し、丸洗いできるのも便利で「地毛よりラクでした(笑)」。3年前に作ったふくりび製ウィッグは今でも劣化しておらず、使える状態だという。

「ウィッグをつけて出歩くようになった頃、会う人に『そのウィッグいいね』と好意的な声をかけてもらうのが本当にうれしく、『あ、自分に合っているんだ。おかしくないんだ』と自信を持つきっかけにもなりました。コロナ禍でそういう、ちょっとした生の声に触れる機会が減っているのが残念です」

矢方さんは幼い頃からの夢を追い続け、2020年に「声優」としてデビューした。21年10月9日より、中京テレビなどで放送しているアニメ「シキザクラ」に出演している。

新たな夢も。自身の乳がん体験をマンガにした「27歳のニューガン・ダイアリー ~ボクの美紀ちゃんが乳がんになった話~」にまつわるものだ。<J-CASTトレンド>

「闘病中は、つらいけど楽しいこともありました。文字だけだと重く伝わりすぎるところを、イラストにしてもらえたおかげで、良かったことも読者にわかってもらえる機会になったのかなと。最近は、マンガがアニメ化することもあるので...もし、自分の役を声優として担当できたら面白そうだなと思います(笑)」

関連リンク

  • 10/11 16:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます