菅田将暉、「柳楽優弥との一触即発の過去」で飛び交った視聴者の不満とは!

拡大画像を見る

 10月10日に放送されたバラエティ番組「行列のできる相談所」(日本テレビ系)に、菅田将暉がゲスト出演した。同番組で菅田は、過去に共演したある俳優と一触即発になったエピソードを明かし、注目を集めている。

「番組では、ゲスト俳優たちがそれぞれ、“これまで出会ったスゴイと思う人”についてVTRで語りました。そこで菅田は、『初めて会った時、衝撃的でしたね』と、過去に映画で共演したという先輩俳優Yとの出来事を回顧。その映画の撮影中、菅田は暴力的な役を演じていた先輩Yに対し、茶化すようなアドリブをしてみたそう。するとその瞬間、現場はピリッとした空気になり、Yが『ちょっと今の殴ってしまうかもしれへんわ』と、低いトーンで言ってきたのだとか。この時のことについて菅田は、『お芝居なんだけど、お芝居じゃない怖さ』『本当、殺されるって思ったぐらい怖くて』と、そのスゴイ迫力に震えあがったとのこと」(テレビ誌記者)

 その後、スタジオでは“俳優Y”が誰なのかという流れになり、出演者から山田孝之や横浜流星など、様々な人気俳優の名があがることに。そんな中、東野幸治がYの正体を当てたものの、視聴者の間で不満の声が飛び交ったという。

「東野は俳優Yについて、菅田と映画『ディストラクション・ベイビーズ』で共演していた柳楽優弥だと言い当てました。この時、スタジオの菅田によってさらなる詳細が語られるかと思われたのですが、MCの明石家さんまが『(東野は映画を)よう見てるなぁ』と振ったことで、そのまま話題が東野のプライベートトークへと移っていってしまったのです。そのため視聴者からは、『柳楽くんとの話をもっと聞きたかったのに!』と不満の声が相次ぐこととなりました」(前出・テレビ誌記者)

 人気俳優同士の貴重なエピソードだったこともあり、もっと深く知りたいと思った視聴者は多かったようだ。

関連リンク

  • 10/11 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます