福士蒼汰、綾野剛にギャップ萌えした一面告白「可愛い」<アバランチ>

【モデルプレス=2021/10/11】綾野剛主演のカンテレ・フジテレビ系新月10ドラマ「アバランチ」(10月18日スタート/初回15分拡大)の取材会が11日、都内にて行われ、俳優の福士蒼汰が綾野の意外な一面を明かした。

本作は、綾野主演の映画「ヤクザと家族 The Family」、映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人がチーフ演出として参加し、主人公・羽生誠一(綾野)が所属する謎に包まれたアウトロー集団・アバランチの活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメント。

取材会には綾野、福士のほか、千葉雄大、高橋メアリージュン、田中要次、木村佳乃が登壇した。

◆福士蒼汰、綾野剛の“可愛い一面”明かす

座長の綾野に対して、一緒のシーンが多いという福士は「一分一秒ごとにアイデアが思い浮かぶとおっしゃっていてそれが素敵だなと、毎秒この作品のことを考えているんだなと感じて。実際カット毎だったりシーン毎に『ここもっとこうしようよ』とアイデアを出されるのでそういう部分は本当にこの作品への愛が伝わるなと思いました」と尊敬の眼差し。

さらに、福士は綾野のストイックな面に対し「可愛い一面もあるんです」と切り出し、「実は“ふわふわのサクサクした甘いお菓子”が好きらしいです。可愛い!ギャップだなと思って」と素顔をタレコミ。福士の表現に場は笑いに包まれ、綾野も照れ笑い。他の登壇者からも「可愛い~!」と反応され、綾野は「そうなんです…好きです。変な汗かいちゃった」とタジタジになっていた。

一方、最後のコメントで綾野は「見たことない蒼汰くんがこのドラマに存在していてすごくチャーミングに楽しんでくれていて僕は毎日間近で見ながらニコニコしているんですけど、これは新境地の福士蒼汰だなという感じなのでそこは楽しみにしてもらいたい」と福士の役柄の魅力も語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/11 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます