西島秀俊主演『ドライブ・マイ・カー』米アカデミー賞国際長編映画賞部門の日本代表に!

拡大画像を見る

村上春樹の短編小説を、西島秀俊主演で映画化した現在公開中の『ドライブ・マイ・カー』が、「第94回米国アカデミー賞」国際長編映画賞部門の日本代表に決定した。




短編小説集「女のいない男たち」に所収の同名作品を映像化した本作。「第74回カンヌ国際映画祭」では、日本映画史上初となる脚本賞ほか全4冠を獲得したことが話題に。その後も、トロント、サン・セバスチャン、ニューヨーク、ロンドン、釜山などの国際映画祭への出品が相次ぎ、ポン・ジュノ監督、アルノー・デプレシャン監督ら名匠たちからも絶賛され、現在、47もの国と地域で配給が決定と、世界中から大きな注目を集めている。

そして今回、「米国アカデミー賞」へ。今後、各国の代表作品から候補作が絞られ、2022年3月に受賞作品が決定する予定だ。

日本では、8月の公開から約2か月、各地でロングラン上映が続く盛況ぶりとなっている本作。10月15日(金)からはTOHOシネマズ 日比谷から、TOHOシネマズ シャンテに劇場を変え、ロングラン上映が決定している。

『ドライブ・マイ・カー』は全国にて公開中。



(cinemacafe.net)


■関連作品:
ドライブ・マイ・カー 2021年8月20日よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開
(C)2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

関連リンク

  • 10/11 18:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます