『護られなかった者たちへ』佐藤健と阿部寛の目力対決! 東日本大震災から10年、人と人の繋がりを問う

 阿部寛の顔の濃さ、威圧的な目力の強さについては、『テルマエ・ロマエ』(2012)やドラマ『結婚できない男』(2006)などでネタ的に使用されていることからもおわかりだと思うが、目力俳優で忘れてはならないのが佐藤健である。

 佐藤の目力は、『るろうに剣心』シリーズでは優しさと悲しさ、そして闘志といった心情を表し、『ひとよ』(2019)では、殺人を犯した母への恨みと同時に愛しさも表現してみせるなど、比較的口数の少ないキャラクターに深みをもたせるように機能しており、漫画原作の映画に多く出演しているのも、演技が漫画的になり過ぎず、リアリティを追求できるからだろう。

 阿部と佐藤は、『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』(2010)で初共演を果たしている。しかし、あくまで主演とサブという立ち位置だった。しかしついに2021年10月1日、W主演によるまったく異なった目力対決が勃発した映画『護られなかった者たちへ』が公開される。

□ストーリー
東日本大震災から10年を経た仙台で、全身を縛られたまま放置され「餓死」させられるという、猟奇的な連続殺人事件が起きた。被害者の2人は人格者として知られ、他人から怨まれるような人物ではなかった。担当刑事の笘篠(阿部寛)は、2人の共通点からある一人の男に行き当たる。その容疑者は、別の事件で服役し、刑期を終え出所したばかりの利根(佐藤健)という男だった……。

「人と人との繋がり」とは何かを問う、社会派群像劇

 偶然にも8月に公開されたアニメ映画『岬のマヨイガ』が似たテーマを扱っていた。東日本大震災などの大きな災害や事故を経験した者たちが結束し、復興を目指す中で、悲しみや不安は同じ者同士、身寄りのない者同士が「疑似家族」のようなコミュニティを形成していく。

 ホロコーストを生き延びた者たちの、その後を描いたハンガリー映画『この世界に残されて』(2020)も同じであるように、それはいつの時代でも、どこの国でも共通していると言ってもいいだろう。

 大まかなテーマとしては似ているのだが、今作は『岬のマヨイガ』『この世界に残されて』よりも長い期間を経た者たちの物語が描かれる。

 時の流れとは残酷なもの。あるいは、人間の未熟な点といえるのかもしれないが、復興によって普通の生活に戻っていく中で、極限の状況下で築かれた結束や絆は失われていってしまう。

 今作では「生活保護」「復興支援」の矛盾点に言及している。国民の最低限の生活を保障する制度でありながら、一方で不正受給者が後を絶たない問題点があるのも事実だ。

 同じ境遇であるはずの人々の中でも、生活を取り戻すタイミングは人それぞれ。それが復興格差となって表れてしまうのは、役所に勤める人間も同じであり、同じ経験をした者同士が、人間の価値を選別する側と、される側の立場に別れてしまうのも皮肉なものだ。

 役所側の視点から、国と人を仲介する立場の難しさを痛感することで、政治家や国の政策の曖昧さや矛盾点が浮き彫りにされ、私たちが生きるこの世界に、見えない境界線が張り巡らされている現実を叩きつけられる。

 しかし、それを社会問題として放置するのではなく、今作なりの回答を提示してみせたのだ。

 今作は単に社会派な作品というわけではない。軸として描かれるのは、ヒューマン・サスペンスである。

 繰り返される猟奇殺人の謎解き要素も加わることで、日本が抱える社会問題がエンターテイメント作品として消費されてしまう心配もあるかもしれないが、そこは安心してもらいたい。

『空飛ぶタイヤ』(2018)でも原作者・池井戸潤の描いた、労働者と組織の距離感の中にドラマ性をより強く反映させることで、人間ドラマとしても、社会問題としても見事なバランスに仕上げてみせた脚本家・林民夫。林は今作においても、原作者・中山七里の主張したい生活保護の現実に、強いドラマ性を加えることで、絶妙なバランスの物語を構築している。

 ドラマに説得力を持たせるのが役者の役割であり、ここで活きてくるのが佐藤と阿部の目力。二人の目に映る光景は、同じでありながら、感じるものはまったく違う。しかし、何度かリンクしそうにもなる。このすれ違いこそが、同じ出来事を経験した人間の感情の違いを対照的に描いているようでもある。

 それと同時に、脇を固める俳優陣も大きな役割を果たしている。例えば笘篠の相棒刑事・蓮田(林遺都)の視点は、震災の直接的な経験者ではない人物のそれだ。外側から、仙台の人々を俯瞰的に見ている。映画を観ている側としては一番近しい存在であることから、蓮田の立場から観てみることで、また違った発見ができるかもしれない。

 その他にも、『花束みたいな恋をした』『まともじゃないのは君も一緒』など2021年公開の作品だけで5作に出演する清原果耶といった若手に加え、吉岡秀隆や緒形直人といったベテラン陣までもが、一人ひとりなくてはならない存在であり、良くも悪くも「人と人との繋がり」を実感させる役割を果たしている。

 新型コロナによって、他者との繋がりが薄れがちになりつつある現代だからこそ、観るべき作品だ。

『護られなかった者たちへ』

– キャスト –
佐藤健 阿部寛
清原果耶 林遣都 永山瑛太 緒形直人
岩松了 波岡一喜 奥貫薫 井之脇海 宇野祥平 黒田大輔 西田尚美 千原せいじ 原日出子 鶴見辰吾 三宅裕司
吉岡秀隆 倍賞美津子

– スタッフ –
監督:瀬々敬久『64-ロクヨン-前編/後編』
脚本:林民夫『永遠の0』・瀬々敬久
音楽:村松崇継『思い出のマーニー』
原作:中山七里「護られなかった者たちへ」(NHK出版)
主題歌:桑田佳祐「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」(タイシタレーベル/ビクターエンタテインメント)

2021年10月1日(金)全国公開

  • 10/11 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます