【盛岡・マイルCS南部杯結果】アルクトスが貫録の押し切りで史上7頭目の連覇達成!

拡大画像を見る

 11日、盛岡競馬場で行われた第34回マイルチャンピオンシップ南部杯(3歳上・JpnI・ダ1600m・1着賞金6000万円)は、3番手の外でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の1番人気アルクトス(牡6、美浦・栗田徹厩舎)が、4コーナーで先頭に立った7番人気ヒロシゲゴールド(牡6、栗東・北出成人厩舎)を直線で交わしてゴールまで押し切り、最後はこれに2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒3(不良)。

 さらにアタマ差の3着に2番人気ソリストサンダー(牡6、栗東・高柳大輔厩舎)が入った。なお、3番人気エアスピネル(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)は6着に終わった。

 勝ったアルクトスは、父アドマイヤオーラ、母ホシニイノリヲ、その父シンボリクリスエスという血統。6月のさきたま杯以来となる休み明けを制し、史上7頭目の同レース連覇を達成した。通算成績はこれで22戦10勝(重賞4勝)。

関連リンク

  • 10/11 17:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます