岸田首相が政治家になったのは「差別」問題がきっかけだった

拡大画像を見る

―[魂が燃えるメモ/佐々木]―

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるメモ」とは何か? そのヒントをつづる連載第273回

◆岸田首相の目指す理念

 今月4日に自民党の岸田文雄総裁が第100代目の内閣総理大臣に就任しました。岸田首相は就任会見で自身の内閣を「新時代を共につくる新時代共創内閣」と表現し、「新しい資本主義の実現」「成長と分配の好循環」「成長なくして分配なし」といったコンセプトを掲げました。

 こうしたコンセプトは昨年出版された彼の著者『岸田ビジョン』(講談社)でも言及されていて、その目指すところは「分断から協調」「対立から協力」であるとしています。

◆アメリカで経験した差別

 こうした理念を持つようになったきっかけの一つが、子供時代にアメリカで経験した人種差別です。1963年に父親の仕事の都合でニューヨークに移住した岸田首相は、小学校1年生から3年生までの3年間を現地のパブリックスクールで育ちました。クラスには白人、黒人、インド人、韓国人など様々な人種の子供たちがいて、教室の壁には「差別は駄目ですよ」という標語が貼られていたと言います。

「差別は駄目だ」と書くのは、そこに差別が存在するからです。クラスで動物園に行った際、「二列に並んで隣の人と手を繋いで」という先生の指示に従おうとした岸田首相は、隣にいた白人の女の子に手を繋ぐのを拒まれました。最初は意味がわからなかったものの、すぐに自分が差別されていることに気づいたと言います。その時のことについて、彼は次のように振り返っています。

「分け隔てなく遊んでくれる白人の子がいる一方で、動物園で手をつなぐことを拒否したあの一瞬の表情が記憶から拭えません。 やや大仰に言えば、このことが、私が政治家を志した原点とも言えます」。

 やる気や心構えは人間関係を意識した時に生まれます。単にお題目として「差別はよくない」と唱えても、そのために行動できるようにはなりません。誰かを相手にして自分自身が経験したり、他人の体験談に共感するからこそ、その時に込み上げてきた感情がエネルギーになって行動できるようになります。岸田首相はそれを小学生のときに経験したのです。

◆行動する友人の影響

 岸田首相が政治家になったきっかけはこれだけではありません。早稲田大学に進学した彼はそこで防衛大臣などを務めた岩屋毅衆議院議員と出会います。この岩屋議員について、岸田首相は「岩屋と知り合ったことで将来の選択肢に『政治家』が現実味を帯びて加わった気がします」と記しています。

 学生時代の岩屋議員はカンボジア難民キャンプボランティアに行ったり、鳩山邦夫の選挙を手伝ったりする行動派でした。大学卒業後も就職はせず、選挙を手伝った鳩山邦夫の秘書になりました。その6年後には最年少の29歳で地元の大分県で県議会議員になり、さらにその3年後には衆議院議員選挙に挑戦して初当選を果たしました。

 一方、岸田首相は銀行や証券会社や商社を相手に就職活動を行い、結果的に日本長期信用銀行に就職しました。自分とは異なる道を行く岩屋議員について岸田首相は、「『岸田、オマエも早くこっちに来い』。岩屋の波乱万丈な人生を横で見ていると、そう言われているような気になったのです」と振り返っています。

 また、岸田首相の父親である岸田文武は衆議院選挙で5回当選した政治家でした。岸田首相は大学時代と銀行マン時代にこの選挙活動を手伝っています。そして、この選挙運動を通して日本の政治の現実に触れたことで政治家を目指すようになり、長銀を辞めて父親の秘書になりました。その後、65歳の若さで父親がなくなり、その地盤を受け継ぐ形で政治家になりました。いわゆる世襲議員です。

◆人間関係が動機をつくる

 父親や友人、自分を差別した白人の女の子の影響。人間は人間関係を通して様々な感情が蓄積していき、それがその人の心となっていきます。岸田首相の場合はそれが「政治家になる」という心構えだったのです。政治家はとてもハードな仕事です。日本の総理大臣もアメリカの大統領も退任する間際になると、明らかに憔悴しているのが見て取れることがあります。

 そうした厳しい世界で生きていくには、「自分はこれをやる」という強い心構えが必要になります。政治家としての良し悪しは、それを評価する者の視点によって大きく変わります。しかし、国会議員になった経緯に関しては、「自分が何をするか?」を考える上で誰にとっても参考になります。それは彼らの人生が「人間関係を通して自分の心を作ったこと」を教えてくれるからです。

 自分は父親から何を受け継いだのか。自分とは違う生き方をする友人を見て何を思ったのか。誰から理不尽な仕打ちを受けて、悲しみや怒りを覚えたのか。そうした振り返りの結果として、自分の進むべき道は明らかになっていきます。岸田首相のように自覚的であるほど、そこから引き出せるやる気は多くなります。ぜひ意識してみてください。

―[魂が燃えるメモ/佐々木]―

【佐々木】
コーチャー。自己啓発とビジネスを結びつける階層性コーチングを提唱。カイロプラクティック治療院のオーナー、中古車販売店の専務、障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長、心臓外科の部長など、さまざまな業種にクライアントを持つ。現在はコーチング業の傍ら、オンラインサロンを運営中。ブログ「星を辿る」。著書『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)が発売中

関連リンク

  • 10/11 15:52
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます