地震や台風で怖い停電の長期化 普段の「当たり前」ができなくなる苦痛

拡大画像を見る

最大震度5強の地震が2021年10月7日夜、首都圏を襲った。東京都では一部地域で停電が発生。JR品川駅では構内が一時真っ暗になった。鉄道各線も、運転見合わせや遅延が相次いだ。

水道、電気、ガスといったライフラインは、文字通りどれも生活に欠かせない。中でも電気は、現代においては暮らしの隅々にまで影響が及ぶ。被災経験を持つ記者が、長期の停電に見舞われて気付いた「当たり前ができない苦痛」を共有したいと思う。

一番困ったのはトイレ

2年前の2019年10月12日、台風19号が伊豆半島に上陸。13日にかけて東日本の太平洋側を進むと、各地で河川の氾濫や街の浸水が発生した。都市部では、高層マンションの配電設備が故障して停電が長期化した。

その約1か月前には台風15号により、千葉県各地が広域で停電に見舞われ、1週間以上復旧が遅れた地域まで出た。夏の暑さが残る時期で、エアコンが使えず入浴にも支障が出て苦しむ住民を、記者は現地を訪れて取材した。

停電は日々の暮らしを直撃する。大規模な災害が起きた直後は、まず命を守る行動が最優先だが、危機を脱した後も電気が失われたままだと、日常生活を取り戻すのは難しい。記者は集合住宅での在宅避難を経験したが、電気なしの生活が全く成り立たない現実に直面した。

まず、断水が起きた。これは複数の自治体がウェブサイトで原理を説明している。例えば札幌市水道局のサイトには、次のような記述がある。

「多くの高層マンションやビルなどで使用されている、「直結加圧方式」と「受水槽方式」は、電力で動くポンプで水を送っているため、停電時には断水してしまう可能性があります」

水がないと、実は一番困ったのはトイレだった。飲料水や食事は備蓄や調達でしのげるが、用便は我慢できない。排水の問題もあり、記者の場合は自宅のトイレが使えなくなった。こうした場合に無理やり使用すると排水管が詰まり、便器が大小便で満杯となって衛生面に問題が生じる恐れがあると、専門家は以前J-CASTトレンドの取材で説明していた。さらに「できるだけトイレに行かないように」と我慢を続け、体調不良を引き起こす要因にもなりえるという。

停電が断水を呼び、トイレが使用不能――全く想定していない「負の連鎖」だった。

エレベーター停止で外に出られない

集合住宅では、エレベーターの停止も生活に大きな支障となる。高層階と地上を階段で行き来するのが大変なのは、言うまでもない。給水車から調達した水でいっぱいになった容器を両手に持って数十階上るのは、頻繁には困難だ

高齢者や体の不自由な人、病気の人にとっては、高層階に住んでいると移動自体が難しい。別の場所への避難や通院をしたくても、下りるに下りられない。もし一人暮らしなら、助けが来ない限りは部屋に閉じ込められた状況に陥りかねない。幼い子は、階段の長距離移動そのものが転倒や転落のリスクを増やす恐れがあるだろう。

記者の場合、在宅避難を諦めて電力が復旧するまで別の場所に一時避難できた。だが、人それぞれ事情が異なる。避難先が見つからない、同居人が病気で動けないとなれば、停電でも同じ場所にとどまり続けるしかない。

激甚化する自然災害で、大規模停電のリスクは今後高まると考えられる。可能な限りの備えと万一の場合の対応策を考え、少しでもダメージを減らすしかない。<J-CASTトレンド>

(J-CASTトレンド 荻 仁)

関連リンク

  • 10/11 15:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます