中東のニュースを日本語で、アラブニュース・編集長に表彰状

拡大画像を見る

 岩井文男 駐サウジアラビア日本国特命全権大使は10月7日、サウジアラビアの日刊英字新聞社・アラブニュースのファイサル・J・アッバス編集長に表彰状を授与した。中東のメディア初の日本語ニュースサイトとして2019年10月にオープンした「アラブニュースジャパン」設立に尽力。日本とサウジアラビアの相互理解と友好親善に寄与したとして、その功績をたたえた。

 サウジアラビア・リヤドの大使公邸で開催した記念式典でアッバス編集長は、受賞の謝辞を述べるとともに、サウジアラビアと日本両政府の戦略的重要性と双方の尊敬の念、さらにサウジアラビア人が日本人や日本文化に抱く偽りのない敬愛が、日本語サイトを成功に導いたと語った。
 また岩井大使は、ネット配信の強化や複数言語への対応などを通じアッバス編集長がアラブニュースをグローバルなプラットフォームに成長させたと指摘。特に日本語版は、政府関係者をはじめ、サウジアラビアや広く中東地域に関心を持つ企業の幹部、研究者らにとって信頼できる安定した情報源になったと述べた。(BCN・道越一郎)

関連リンク

  • 10/11 15:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます