ロバート秋山がラジオドラマに挑戦 『あ、安部礼司』で女性キャストから人気「ずっと面白かった」

拡大画像を見る

秋山竜次と言えば、様々なジャンルのクリエイターになりきってそれぞれの仕事ぶりや人生について語る『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』で知られる。2017年にはラジオ界の大御所パーソナリティー・宗像“issiy”裕司になりきったこともあるが、このたびは本当に10月10日放送の『あ、安部礼司』でサラリーマンキャラの声を担当した。

ラジオドラマ『あ、安部礼司』は、東京の神田・神保町にある中堅企業・大日本ジェネラルを舞台に開発本部のグループリーダーで仕事もプライベートもきわめて平均的な昭和生まれのサラリーマン・安部礼司を中心に周りの人々を描いた物語だ。ロバート秋山が演じたのは、助っ人で配属されてきた独身のアラフォー社員「つかれ田ぼや喜」である。同じ部署の女性社員が気になっていたところ、安部礼司たちがそれに気づいてアドバイスしたことにより恋が動き出す。

「つかれ田ぼや喜」という名前からも分かるようにネガティブなことばかり口にするキャラクターながら、ロバート秋山らしい軽妙なノリでしゃべる場面があれば芸人のシチュエーションではなかなか聞かれないような真面目なセリフでポテンシャルを発揮していた。

アクティブ系OL・鞠谷アンジュ役を務める女優で声優の稲村梓は、Twitterで「秋山竜次さん! 凄い格好良かった!! 録音してない時もずっと面白かったです!」、安部礼司の娘・安部蘭および重山つらみ役の声優・渡辺弥咲は「秋山さんがスタジオにいらっしゃると自然とみんな笑顔に」と共演を振り返っており、渡辺にいたっては「今までテレビや動画を見て沢山元気を頂いてきました。同じ空間にいることができ感動でした…」というほど嬉しかったようだ。

リスナーからはTwitter上で「つかれ田ぼや喜ってロバート秋山なのかw」、「安部礼司とロバート秋山、違和感なさすぎw」、「ロバート秋山さんラジオドラマ向けの声してるもんな」と反響があるなか、ドラマ後のおしゃべりが盛り上がったこともあり「ロバート秋山さんにも無茶振りをするトークガンガン派な安部礼司さん。これは安部ファミリーに仲間入り? 今後の展開が楽しみ♪」と期待する声も見受けられた。

画像2、3枚目は『稲村梓 2019年1月27日付Twitter「横浜にお集まりの皆様おはようございます」』『クリエイターズ・ファイル公式 2021年7月12日付Instagram「7月12日はラジオ本放送の日。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 10/11 14:31
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます