「メルカリShops」本格開始 クリエイターや生産者・小規模事業者のEC対応を支援

拡大画像を見る

 ソウゾウは10月7日、簡単にネットショップを開設できるEコマースプラットフォーム「メルカリShops」の本格提供を開始した。10月7日~12月31日までの期間中、メルカリShopsの出店者を対象に販売手数料を無料にするキャンペーンを実施する。

 メルカリShopsは、「かんたんで、売れる」をコンセプトにしたEコマースプラットフォーム。スマートフォン一つでネットショップを開設し、ショップ運営者が商品を直接販売することができる。「メルカリ」への出品と同様の簡単な操作により、月間2000万人超が利用するメルカリアプリ内にネットショップを設けることができる。
 7月28日のプレオープン(試験提供開始)以降、農家・漁師、まちの飲食店、地方特産品、ハンドメイド、アパレル、雑貨など、さまざまなクリエイター・生産者・小規模事業者が出店・販売を開始。同社が実施したアンケート調査によると、プレオープン期間中に先行出店を申し込んだ事業者のうち57%がEC初出店で、なかにはEC初出店1カ月で1000万円以上売り上げた事業者もいた。
 本格開始にともない、これまで先行登録者に限定していた出店をすべての事業者に開放。メルカリShopsホームページやメルカリアプリ内から出店の申込みを行うことで誰でも登録・出店が可能になる。
 全国一律の配送料金で匿名配送が可能なメルカリ独自の配送サービス「らくらくメルカリ便」に対応したほか、店をフォローしているユーザーに通知などを届けるフォロー機能も提供する。このほか、新たに酒類の販売を行うなど取り扱い可能な商品の幅も順次拡大していく。
 また、送り状の一括発行やクール便での発送対応など、事業者向けの「メルカリ便」サービスの拡充や、店のカスタムWebページの作成、PCによる出品管理など、ネットショップの運営をより簡単に、売れやすくするさまざまな機能も順次追加する予定。
 さらに、これまでECサイトの開設をためらっていたり、活用できていなかったクリエイター・生産者・小規模事業者を支援することを目的に、期間限定で販売手数料を無料化するキャンペーンを実施。10月7日~12月31日23:59までの約3カ月間、メルカリShopsで商品を販売したすべての出店者を対象に、通常10%の販売手数料を無料にする。なお、購入もしくは発送のどちらかが期間外の場合および、1回の決済が10万1円以上の取引は対象外。上限は、1ショップ売上合計10万円までとなっている。
 メルカリShopsユーザー向けには、異なる店で購入するたびに還元率が上がるポイント還元キャンペーンも開催。お得に買い物を楽しみながら、出店者の「売れる」体験をサポートする。期間は10月20日23:59まで。
 このほか同社は、デジタル庁が推進する2021年10月10・11日の「デジタルの日」に合わせ、10月7日から13日までの期間中、東京・渋谷センター街周辺の空き店舗シャッター4か所に、メルカリShops出店者の実店舗を再現した“3D店舗”(屋外広告)を展開する。

関連リンク

  • 10/11 14:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます