ここまで最終予選全試合出場…大迫勇也が豪州戦へ意気込み「得点を挙げてチームを勝たせる」

拡大画像を見る

 12日に行われるFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選グループB第4節オーストラリア代表戦に向けて、日本代表FW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が取材に応じた。

 日本代表は7日に行われたグループB第3節サウジアラビア代表戦に0-1で敗戦。ここまで3試合で1得点のチームについて、大迫は「発進できることは少ないですが、チームが得点を取るために、どうしたら良いのかを話し合って、選手間でコミュニケーションを取れていると思います」と修正点に言及。続けて、サウジアラビア戦の試合中に2トップにフォーメーションを変更したことについては「状況も状況でした。最初から2トップで臨むことがいい時もありますし、悪い時もあります。スカウティングチームから情報を共有をしてもらい、勝てる確率を高くすることが僕たちのやるべきことです。そのために、全員が最高の準備をしないといけませんし、しっかりと切り替えをして試合へ向かわないといけないと思います」と心境を明かした。

 また、ここまで行われた最終予選に全試合出場している大迫は「常に結果を出さないといけない責任感があります。前回の試合でも結果を出せなかったので、しっかりと切り替えて、いい準備をすることが今やるべきことです」とコメント。続けて「しっかりと得点を挙げて、チームを勝たせることがピッチの中での役割だと思います」と胸中を明かした。

 最終予選3試合を終えて1勝2敗の3位につける日本代表。ワールドカップ出場権獲得に後がない状況で迎える12日のオーストラリア代表戦について大迫は「チームとして相手にどのようにプレッシャーをかけるか、どのように崩していくかを距離感等含めて、コミュニケーションを取りながらやっています」と告白。また「選手間でも監督とも修正点をしっかり共有できています。できる限りのことはやっていますし、良い準備をして、やるべきことに自信を持って先手を取りたいです」と意気込みを語った。

関連リンク

  • 10/11 13:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます