5G対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME」新製品、11月上旬に発売

拡大画像を見る

 KDDIと沖縄セルラーは、5G対応ホームルーターの新製品として、Wi-Fi6、4ストリーム対応で高速通信を実現する「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」を11月上旬以降に発売する。また、大容量バッテリーを搭載した5G対応の軽量モバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X11」を10月15日に発売する。
 

 「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」は、SIMカードを挿し自宅のコンセントにつなぐだけでインターネットに接続できるホームルーター。8月に発売したau初の5G対応ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」に続く新製品となる。
 Wi-Fi6、4ストリーム対応で、複数端末との接続や大容量のデータ転送時も高速で安定した通信を実現。ビームフォーミング、バンドステアリングにも対応する。また、専用のスマートフォンアプリ「NEC WiMAX +5G Tool」を活用することで、データ通信量や電波状態の確認、端末の設定をスマートフォンから行うことができる。カラーはホワイト。
「Speed Wi-Fi 5G X11」は、4000mAhの大容量バッテリーを搭載した5G対応モバイルルーター。約8時間の連続通信が可能なほか、重さ174gで外出時に気軽に持ち出すことができる。
 Wi-Fi6に対応し、Wi-Fi利用時最大1.2Gbps(Wi-Fi6 5GHz帯の場合)の高速通信と前機種と比べ約1.38倍高速化。2.4GHz/5GHz同時利用によりさまざまな端末に接続できる。5GとWiMAX2+対応のアンテナを内蔵したクレードル(別売)に装着すると全方向の電波をキャッチし、電波の弱い場所でも安定した通信が可能。カラーはチタニウムグレー、スノーホワイト。

関連リンク

  • 10/11 13:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます