上白石萌音 清潔感あふれるロングワンピで登場 スリットからブーツ、ボタンに遊び心

拡大画像を見る

 女優の上白石萌音(23)が11日、都内で行われた「第25回手帳大賞」の発表表彰式にプレゼンターとして出席した。

 高橋書店のイメージキャラクターを務める上白石は涼しげな、清潔感のあるブルーのロングワンピで登場。大役に緊張感をにじませながらも、「高橋書店さんのブルーをイメージして参りました」と笑顔を見せた。ウエストから下の後ろ部分にはプリーツが入ったユニークなデザインで、袖の3つのボタンがポイントにもなっている。スリットからはオフホワイトのショートブーツでさわやかな秋モードを演出していた。

 過去最多の応募となる約5万8000通の中から大賞に輝いたのは、「地面が満開になったね!」。受賞したのは京都府在住の仲程雄平さんで、桜の花びらが地面に散った様子を見ていた当時5歳の息子が口にした一言。上白石はトロフィーを贈呈し、「幸せの見つけ方を教えてくれる言葉。心の動き、柔軟な発想は何にも勝ると思います」と祝福した。

 普段から手帳を愛用しているといい「デジタル化が進んでるからこそ、何よりも大事な記録になる」と意義を強調。加えて「後半に載っている電車の乗り換えの路線とか、社会人として知っておくべきマナーとかすごい好き。結婚祝いをいくら包むかとか、大人になってから聞きづらいことも書いてくれているので…」と苦笑していた。

関連リンク

  • 10/11 12:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます