くれいじーまぐねっと、号泣でチャンネル登録者数100万人突破「ここまで長かった」感謝の思い語る

【モデルプレス=2021/10/11】エア、UraN、浅見めいの3人からなる超個性派“期限切れJK”3人組クリエイターユニット“くれまぐ”こと「くれいじーまぐねっと」が11日、グループ公式YouTubeチャンネルにて緊急生配信を実施。チャンネル登録者数100万人を達成した。

◆くれいじーまぐねっと、生配信で100万人突破「ここまで長かった」

くれいじーまぐねっとは、チャンネル登録者数100万人突破を前に、「【緊急】念願のチャンネル登録100万人達成できるまで生配信終われません!!!」と題した生配信を実施。3人で100万人突破の瞬間を見守った。

UraNは「ここまで長かった」とこれまでの活動を振り返り、100万人突破直後には感極まって涙する場面も。メンバーのエアと浅見めいには「一緒に活動してくれてありがとう」と感謝の思いを告げた。共に歩んできたスタッフにも「やる気がなかった時も自分たちを奮い立たせてくれた」とこれまで支えてくれた感謝の思いを伝えた。

エアも「まだ実感がない」と率直に思いを述べ、驚きを隠せない様子。年内に100万人達成を宣言していた3人は、静かにファンからの祝福コメントに目を通し、改めて“100万人YouTuberの仲間入り”を噛みしめていた。

また同動画の後半には、全身金色のスーツを身にまとったマネージャーがケーキを持って登場する場面も。愛のこもったまさかのサプライズに3人とも思わず涙を流していた。

◆スカイピースからも祝福の声

同動画のチャットやコメント欄には「本当におめでとうございます」「3年間の努力が報われた瞬間で感動した」「これからも応援します」と多くの反響が寄せられた。

また、100万人突破直前にコラボしていたスカイピース☆イニ☆(じん)からは「おめでとう、これからまだまだ伸びる」との祝福の声が。同じくスカイピースの☆テオくんからも直接LINEが届いたと報告し、激励の言葉にUraNが涙を浮かべていた。

◆くれいじーまぐねっととは

2018年2月に結成したくれいじーまぐねっとは、モデルプレスの「2021年ヒット予測」インフルエンサー部門に選出。8月下旬からわずか2週間ほどで10万人増加したことでも大きな話題を呼んだ。

YouTubeだけでなくTikTokなどSNS上での影響力も大きく、若者世代の新アイコンとして認知度が急上昇。センス抜群のファッションやヘアスタイルも注目を浴びている。

さらに「TGC teen」「関西コレクション」といったファッションショーでランウェイを歩いたり、TBS系「サンデー・ジャポン」(毎週日曜あさ9時54分~)や日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜よる7時56分~)にゲスト出演したりと、SNSを超えて露出が増加。今後の活躍にも期待されている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/11 12:33
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます