斎藤工、乳首相撲に飛び入り参加「行くしかない」

【モデルプレス=2021/10/11】俳優の斎藤工が、10日放送の日本テレビ系バラエティー番組『行列のできる相談所SP』(よる7時~)に出演。乳首相撲に飛び入り参加したエピソードを振り返った。

◆斎藤工、乳首相撲に飛び入り参加「今行かなきゃって」

「自分が一番イケていたと思うベストシーンは?」という質問に、斎藤は「4年ぐらい前だと思うんですけど、泉谷しげるさん主催の『阿蘇ロック』という復興イベントがありまして、地元の方で乳首相撲をしたんですね。袖で見てて、『これ行くしかない』って…」と乳首を洗濯バサミで挟み綱引きをする乳首相撲に飛び入り参加したことを回顧。

「マネージャーがいたんで、『ちょっと出るけど事務所に確認とかじゃなくて、これはもう僕の物語だ』って。優勝者が決まった時に『戦わせてください』って、4000~5000人ぐらいの方の前のモニターに乳首を露呈しまして、持久戦の末僕が勝利しました」と当時の状況を淡々と語る斎藤に、スタジオからは「かっこいい」の声が上がった。

その場にいたという東野幸治が、「変わってらっしゃいますよ」と斎藤の印象を明かし、「一般の方が優勝して皆が盛り上がって『よかったな』と思ったら、急に『僕もやらせて下さいよ』って、急に服脱いで」とその時の状況を明かすと、斎藤は「今行かなきゃって。『行け!』って声が聞こえたんですよ」と話し、スタジオの笑いを誘った。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/11 12:16
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます