得する高級品や笑える珍品!プロ直伝の裏技も…「ふるさと納税返礼品リスト」高還元率ベスト30

拡大画像を見る

 自治体支援に税金控除で、一挙両得な“神制度”。ド肝を抜く、高還元の美味から一生の思い出まで全網羅!

 支払い期限の大みそかまで、今年も「ふるさと納税」の締め切りが迫ってきた。ご存じの通り、ふるさと納税は、自分の好きな自治体に「寄付」でき、その額に応じて所得税や地方税が控除される仕組み。かつては「還元率100%超」を謳い、寄付額を上回る高級グルメなどの地元産品が返礼品として送られてきた。

 だが、その過熱ぶりに総務省が待ったをかけ、2019年に「返礼品は3割以内」、つまり、還元率30%以内という“ルール”に。

 たとえば1万円を寄付すると、3000円相当の返礼品が受け取れるが、2000円の手数料を差し引かれるので、1000円お得になるだけ。理屈ではそうなのだが、ふるさと納税を舐めてはいけない。ふるさと納税プランナーの森口恵美氏が解説する。

「20年は“新型コロナ支援”という形で農林水産省から支援を受けた自治体が、還元率5割近い返礼品を出していることもありました。今年に入り、数は減ったとはいえ、お得な返礼品を出す自治体はまだあるので要チェックです」

 それだけではない。

「3割以内」というのは、あくまで自治体側の調達コスト。市販価格とは開きがあり、たとえば、1万5000円の寄付で通販価格1万3000円相当の高級和牛をもらうことも可能なのだ。

 そんな高還元率の返礼品をランキングしたのが文末の一覧表だ。そちらを参考にして食欲の秋を楽しんでもらうとして、ここからはユニークな返礼品を紹介しよう。

■ホタテ水着やオホーツク海の流氷

 まずは、ホタテの産地である青森県むつ市が今年から返礼品リストに入れたホタテ水着(納税額6000円=以下同)。貝殻3枚をヒモで結んだ上下の水着セットで、かつてタレントの武田久美子が写真集で披露して話題になったホタテビキニを思わせるデザインだ。この商品を発案し、製造にあたる阿部商店の阿部学さんが言う。

「今年8月の豪雨被害の後、インパクトのある商品で地元の復興に役立てたいと思い、市に相談して実現しました。地元を少しでも明るくしたいと思い、ホタテの貝殻を見ているうちに、ひらめいて販売を始めたのが、この水着だったんです」

 パーティグッズなどとして、毎年100着以上を売り上げる、知る人ぞ知る人気商品だという。

 コロナ禍明けの忘年会で使えそうだが、一方、使い方が、まるで分からないのが北海道紋別市のオホーツク海の流氷(1万円)。紹介ページには〈オホーツク海に打ち上げられた流氷をそのままお届けします〉とあるものの、〈食用としてのご利用はできません!〉という、ただし書きつき。つまり、流氷で水割りを飲むのはNG。ときおり冷凍庫から出して、遠く北海道に思いを馳せる観賞用というのが正しい用途のようだ。

 同じく、ちょっと頭をひねってしまったのが、やはり北海道剣淵町のアルパカの毛(3000円)。寄付金は同町の牧場で育てられるアルパカの餌代にあてられるという。毛(5グラム)は、フワフワの手触りで、“癒やし”になり、毛を丸めて球状にして糸を通すと手製のストラップにもなるというが……。話のネタとしては最高か?

■魔法のどんぶりで裏メニューを

 京都市が新たな返礼品として登録したのは、名づけて魔法のどんぶり(12万円)だ。前出の森口氏が、こう続ける。

「面白い返礼品が多い京都の中でも、特に驚いたのがこれです。“斬新すぎる”と銘打っている通り、返礼品の京友禅柄のどんぶりを持参して、市内の指定飲食店を訪問すると、その店の裏メニューを提供してもらえるんです」

 令和版の托鉢僧?

 さて、コロナ禍に苦しんだ21年もあとわずか。来年こそはと願いを込め、ガラス鏡餅(1万円)を返礼品に出しているのが、千葉県横芝光町だ。透き通った鏡餅は未来を見通せる縁起ものなうえ、カビることがないという利点がある。

 また、なかなか手に入らないものや、普通なら体験できないことも、ふるさと納税なら可能になる。

 まずは、昆虫ファン垂涎の的という

「ウエストウッディオオシカ」なる希少クワガタ成虫ペア限定2セット(121万円)。希少なクワガタやカブトムシを取り扱う業者が、佐賀県吉野ヶ里町内にいたことから実現した企画だ。

 続いては、長崎市西海市の無人島貸し切り1泊2日プラン(140万円)。大村湾に浮かぶ田島という無人島を独り占めできるという(大人10名まで参加可能)。

 もっとド派手にいきたいという人には、こちら。宮城県岩沼市のプライベート花火(184万円)だ。岩沼市と、その周辺の自治体が打ち上げ場所となるが、100発に及ぶ花火の形や色はもちろん、演出方法も“自分色”に染められる。

 今の時代、一生を費やしても殿様にはなれないが、そんな夢をかなえてくれるのが愛媛県大洲市。1日1組限定の大洲城木造天守閣1泊ペア宿泊券(370万円)がそれ。

 大洲城は明治に天守閣が取り壊されたが、平成になって復元された。入城時には鉄砲隊らによる祝砲や、ほら貝の歓迎を受け、殿様御膳まで食べられるというから、正真正銘、一国一城の主の気分を味わえる。

■憧れのアイドルと一緒に

 ふるさと納税でなれるのは殿様だけではない。兵庫県多可町には、ご当地ヒーロー・タカレンジャーのタカゴールドになれる券、地元ケーブルテレビ局・たかテレビでニュースキャスターになれる券(いずれも100万円)がある。

「1年以内であれば、地元の子どもたちに人気のタカレンジャーが町内のイベントに呼ばれるたびに、また、ニュースキャスターも週末の『あっ!たかニュース』に、何回でも出演いただけます」(同町商工観光課)

 もっと手頃な額でいろんな体験ができるタイプのふるさと納税も人気のようだ。

 まず本誌記者の目に留まったのが、福岡県大任町の『HKT48』田中美久と回る取材ロケハン見学参加券(15万円)。大任町特別PR大使でもある彼女が、町の名所を回る取材ロケハンに同行できるという。9月末で申し込みはいったん終了したが、再開が待たれる企画だ。

 一方、野球ファンなら一度はやってみたい始球式。それが愛媛県の共通返礼品として登場した。四国アイランドリーグplusに所属する『愛媛マンダリンパイレーツ』の公式戦始球式券( 10 万円)。愛媛の、どの市町村に寄付しても受けられる体験プランだ。

 鉄道ファン憧れの駅長と運転士になれる返礼品は、鳥取県八頭町の若桜鉄道1日駅長体験(10万円)と石川県穴水町の『のと鉄道』運転体験(3万円)。特に後者は、片道200メートルだけとはいえ線路を実走できる。

 群馬県みどり市では、旧石器時代の古代遺跡(岩宿遺跡)で石器のナイフや木の葉、熱した石で調理する古代料理体験(2万5000円、1組2名)ができる。

 山梨県山中湖村の返礼品は、11月から2月までの期間で鑑賞できる、

「ダイヤモンド富士」のサービス(1万円)。富士山頂に太陽が重なって、ダイヤモンドのように美しい絶景が拝める、限られたタイミングやポイントに、専門家に案内してもらえるという。人生に二度とない貴重な体験になりそうだ。

 ユニークなイベントでは京都府福知山市の謀反のお知らせハガキ(5000円)。明智光秀の居城・福知山城のペア招待券だが、

「謀反に関する大切なお知らせ」というハガキがついているところがシャレている。

 より実用的な返礼品としては、徳島県美馬市の親孝行のお手伝い(1万9000円)。同市に両親らが住んでいる人に限られるが、延べ4時間分、清掃・洗濯・食事のあと片づけや買い物を代行してくれる。

 返礼品の見直しで、受け入れ額が7倍になったと話題の東京都八王子市では、自然に囲まれた環境の中で受診できる脳+人間ドック(13万円)が人気のようだ。

■さらにお得にお金を貯める裏技を伝授!

 税金が控除され、お得な返礼品がもらえ、それだけでも満足だが、最後に、ふるさと納税が、さらにお得になる裏技を紹介しよう。

「これまでふるさと納税ポータルサイトのポイントは返礼品との交換がメインでしたが、8月から『ふるなび』で新サービスがスタート。納税した金額に対して1%(キャンペーン時は7%)ほどの“ふるなびコイン”がつき、それを電子マネーのペイペイの残高やアマゾンギフト券などへ変換することが可能になりました」(森口氏)“ふるなびコイン”は、今後も交換できるサービスを増やす予定だという。ふるさと納税がまだの人は、ぜひお試しあれ。

※今回取り上げた返礼品サービスは、受付を停止している場合もあります。ご利用の際は、各自治体にご確認ください

※『楽天ふるさと納税』『ふるさとチョイス』『さとふる』『ふるなび』などのふるさと納税ポータルサイト、『ふるさと納税ガイド』を参考に本誌が作成。

関連リンク

  • 10/11 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます