え、どういうこと?「好きだけど別れたい」と言う男性心理って?

拡大画像を見る


「好きだけど別れたい」と彼氏から言われたら、彼女としては困ってしまいますよね。
好きではなくなったのなら話はわかりますが、好きなのだとしたら本来、別れる理由はないはずです。
そこで今回は、「好きだけど別れたくない」と言ってくる男性の心理について解説していきます。


穏便に別れ話を終わらせたい

「好きだけど別れたい」と言ってくる彼氏は、穏便に別れ話を終わらせたいと思っているのかもしれません。
本当のことを言えば、あなたのことが好きではなくなったのですが、それを正直に言ってしまうと揉めてしまうかもしれないと思っているのでしょう。
できるだけ彼女を怒らせないように別れるため、あえて「好きだけど」と言っているのです。
この言い方をしたところで穏便に別れられるとは限りませんが、もしかしたら彼は過去にその方法で穏便に別れることに成功したのかもしれません。
「好きだけど」というのは完全に嘘ですので、その言葉を信じて彼が戻ってくるのを待つという選択を取ってしまうと痛い目を見ることになります。


別れた後に体の関係だけは続けたい

別れた後に体の関係だけは続けたいと彼は思っているのかもしれません。この場合も「好きだけど」というのは嘘です。
しかし正直に言ってしまうと、彼女は傷つきながらも彼のことを忘れて前に進もうとします。「好きだけど」と言っておけば、女性は彼のことを完全には忘れられないでしょう。
つまり、わざと女性に未練を感じさせて、後から自然な形で体だけの関係になろうとしているのです。
はっきり言ってこの心理を持つ彼は最低な彼氏ですので、絶対に騙されないようにしましょう。もしも彼の思い通りになってしまえば、身も心も傷つけられることになります。


やむを得ない事情があるため彼女に決断して欲しい

正直な気持ちとして「好きだけど別れたい」と言ってくる彼氏もいます。引越しや夢を追うためなど、やむを得ない事情があるため、別れようとしているのです。
しかしそのような事情があっても、彼女にわざわざ「好きだけど」と伝えるということは、そこには別の心理が隠されているということになります。それは彼女に決断して欲しいという心理です。
彼はあなたに引越し先について来て欲しいと思っていたり、仕事をやめて自分をサポートして欲しいと思っていたりするのでしょう。
しかしそれは人生を大きく変える決断です。そのため、あなたが自らそれを言えばOKするけど、そうではない限りは自分の口からは言わないようにしているのです。


今後を決めるのはあなた自身

「好きだけど別れたい」と言う男性の心理には最低のものもあれば、言いたいことを言えないという心理がある場合もあります。
もしも後者の場合、今後どうするかを決めるのはあなた自身です。
彼のために自分の人生を賭ける価値があると思えるのであれば、決断してみてはいかがでしょうか。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/11 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます