「別れたいけど言えない!」彼と別れるための方法3選って?

拡大画像を見る


彼氏になかなか別れたいと言えず、悩んでいるという女性はいませんか?
愛情がすでになくなったのであれば、早く別れたほうが良いですが、それを伝えるとなるとどう切り出せば良いのかわからないものです。
そこで今回は、彼氏に別れたいと言えないときの対処法を紹介していきます。


LINEで別れ話をする

彼氏に別れたいと言いたいのになかなか言えないというときは、LINEで別れ話をするという方法があります。
面と向かって別れ話をするのは言い辛いものですが、LINEであればメッセージを入力して送信するだけです。落ち着いた状態で文面を考えることができるため、かなり言いやすいでしょう。
もちろんそれだけで彼氏が納得するはずがないので、電話が来たり、後日会うことになったりするはずです。
しかしとりあえずは別れ話をすることができるため、なんとか話を前に進めることができるでしょう。案外、簡単に納得してくれる場合もあるため、まずは送ってみてください。


安全を確保する

彼氏に別れ話をできない理由が、身の危険を感じるからという人もいるでしょう。彼氏が束縛や嫉妬をする人なので、別れ話をしたことでストーカー化したり、暴力を受けたりする可能性があるという場合もあります。
そのような場合は、まず自分の安全を確保しましょう。引越しをしたり、職場を変えたりして彼と会わないで済む状態を作るのです。
安全が確保できれば、電話で彼に別れ話をすることができます。ただし、この方法では恨まれるリスクもあるものです。
それが嫌な場合は友達や家族などと一緒に別れ話をするという方法もあります。様々な工夫で安全が確保できるため、試してみてください。


別れたいと言わず会わないようにする

別れたいことを言わずに、とにかく会わないようにするというのも1つの方法です。
彼が会いたいと言ってきても、何かと理由をつけて断り続けましょう。そうして会わない期間が長くなっていけば、いつか彼もそういうことだと気付きます。
彼のほうから「別れたい」と言ってきてくれる場合もありますし、自然消滅となる場合もあるでしょう。
彼からしてみればひどい仕打ちですが、どうしても言えないという場合はこのような方法もあるため、試してみてください。


面と向かって別れ話をすることも大事

彼氏に別れたいと言えないときは、言いやすいやり方を自分の中で編み出すということが大切です。
しかしシンプルに言いにくいというだけであれば、やはりしっかり自分の口で彼氏に別れを切り出すということが筋となります。
そのような筋の通った別れ話をしなかったことが恨まれてしまったり、彼氏がストーカー化してしまったりする原因になることもあるため、特別な理由がないのであれば面と向かって別れ話をするようにしてください。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/11 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます