結局一番好きなジブリ作品ランキング

拡大画像を見る

大人から子どもまで、幅広い世代が楽しめるスタジオジブリのアニメーション作品。毎年のようにテレビで放送されるため、好きな作品はせりふまで覚えてしまったという人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、多くの人が「結局一番好き!」と思っているジブリ作品がどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

3位 天空の城ラピュタ
2位 千と千尋の神隠し
1位 ???
全てのランキング結果を見たい方はこちら!

1位は『となりのトトロ』!


入院している母親のために、考古学者の父親と共に田舎の一軒家へ引っ越してきた姉妹、サツキとメイ。近所の子どもたちから「お化け屋敷」と呼ばれる家で暮らしはじめた二人は、不思議な生き物・トトロと出会い、交流を深めていく。

公開日:1988年4月16日
原作・脚本・監督:宮崎駿
キャスト:日高のり子(サツキ 役)、坂本千夏(メイ 役)、糸井重里(とうさん 役) 他

2位は『千と千尋の神隠し』!


10歳の少女・千尋は、引っ越しのために両親と移動している際に、太古の神々が存在する異世界へと迷い込む。謎の少年・ハクに助けられた千尋は、豚にされた両親を救うため、魔女の湯婆婆が経営する湯治宿・油屋で働き始める。

公開日:2001年7月20日
原作・脚本・監督:宮崎駿
キャスト:柊瑠美(千尋 役)、入野自由(ハク 役)、夏木マリ(湯婆婆/銭婆 役) 他

3位は『天空の城ラピュタ』!


鉱山のある町で働く見習い機械工の少年・パズーは、ある日空から降ってきた少女・シータと出会う。空中の浮島にあると言われるラピュタ帝国の血をひくシータとパズーは、不思議な力を持つ「飛行石」を巡る壮大な陰謀に巻き込まれていく。

公開日:1986年8月2日
原作・脚本・監督:宮崎駿
キャスト:田中真弓(パズー 役)、横沢啓子(シータ 役)、初井言榮(ドーラ 役) 他

のどかな景色が広がる田舎を舞台に、少女たちと不思議な生き物の心温まる交流を描いた作品が1位に輝いた今回のランキング。気になる4位~26位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが「結局これが一番好き!」と思うジブリ作品は、何位にランク・インしていましたか?

※画像はスタジオジブリ公式提供画像です。

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:3,127票
調査期間:2021年7月01日~2021年7月15日

関連リンク

  • 10/11 11:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます