貧にあえいでいた佐藤二朗 今も変わらぬ妻との生き方に「ハッとした」の声

拡大画像を見る

個性派俳優として活躍している佐藤二朗さん。

愛妻家としても知られていて、普段は家族との何気ない日常を、面白おかしく報告しています。

ですがいつもとは様子の違う投稿があり、「大事なことを忘れていました」「素敵すぎて涙でちゃう」という反響が続出しました。

人々の心に刺さった、佐藤さんの言葉はこちらです。

幸せって、こういうことかもしれない

「馴染みの肉屋がコロッケを1つサービスしてくれた」

「自転車のパンクが直った」

「風呂場で息子が何やら大声で歌っている」

「ベランダからの空が昨日より澄んでいる」

当たり前のようで当たり前ではない、毎日のちょっとした出来事。

素敵な情景が目に浮かぶようですね。

佐藤さんは昔、今の妻と2人で風呂なしアパートに住んでいたそうです。

決して豊かとはいえない暮らしでしたが、不幸ではありませんでした。

それはどんな時も、寄り添ってくれる大切な人がいたからだと思います。

「だからさ妻よ、日々の取るに足らぬ幸せも、いちいち分かち合って歩いていこうぜ」

シンプルですが力強い佐藤さんの言葉に、多くの人が胸を打たれました。

・本当にそうですね。ちょっと泣けてきました…。

・何気ない日常がどんなに素晴らしいことか、思い出しました。

・素敵です、すごく心に染みます。

・分かち合える家族、ささいなことの一つひとつが愛おしいですね。

仕事や家事、育児など、忙しい毎日を過ごしていると、心が疲れてしまうことがあるでしょう。

そんな時、佐藤さんの言葉を思い出すと、心がポカポカと温かくなりそうですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @actor_satojiro

関連リンク

  • 10/11 10:18
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます