<じゃない方の彼女 第1話>真面目な大学教員・濱田岳、魔性な女子大生・山下美月に翻弄される?

【モデルプレス=2021/10/11】俳優の濱田岳が主演を務めるテレビ東京系連続ドラマ「じゃない方の彼女」(毎週月曜よる11時06分~)が11日、放送スタートする。

◆濱田岳主演「じゃない方の彼女」

企画・原作を秋元康が務める同作は、主人公の真面目な大学准教授・小谷雅也(濱田岳)が、ナチュラルに男性を虜にしてしまう女子大生・野々山怜子(山下美月)に翻弄され振り回される、今までにない全く新しい不倫コメディ。

どこにでもいる普通の人生を送ってきた”じゃない方”の男性にスポットライトを当て、妻”じゃない方の彼女”との不倫を描いている。

◆「じゃない方の彼女」第1話あらすじ

特別目立つことのない人生を送ってきた、いわゆる「じゃない方」の男性、大学で日本史の准教授をしている小谷雅也(濱田岳)。美人な妻・麗(小西真奈美)と小学生の娘・沙織(宝辺花帆美)に囲まれ、何不自由ない日々を送っていた。

そんなある日、麗に買い出しを頼まれ向かったスーパーマーケットでエレベーターの中に閉じ込められてしまう…。困惑していると、そこで偶然、野々山怜子(山下美月)という女性と出会う。去り際の天使のような微笑みに戸惑う雅也…。

その後、2人はある場所で偶然に再会する。偶然が積み重なっていく2人。怜子は「偶然が3回、続くと、奇跡が起きるらしいですよ」と言い、距離を縮めてくる。

何とか理性を保とうとするものの、怜子の天然魔性な言動に翻弄され、その魅力にどんどん惹かれていってしまう…。

「じゃない方」の自分の人生に波風なんか立つわけないと思っていた雅也は様々な選択を迫られることに―。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/11 10:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます