岡田准一・鈴木亮平・山田涼介ら集結 新選組の熱い絆感じるオフショット解禁<燃えよ剣>

【モデルプレス=2021/10/11】V6の岡田准一が主演を務め、俳優の鈴木亮平やHey! Say! JUMPの山田涼介らが出演する映画『燃えよ剣』(10月15日公開)より、新選組の熱い絆を感じるオフショットが解禁された。

◆岡田准一「燃えよ剣」

江戸時代末期。黒船来航後の激動の幕末を舞台に、わずか6年だけ存在した「新選組」の志士たちの生きざまを描く本作。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした志士たちの知られざる“愛”と“戦い”。鬼の副長・土方歳三と、「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む伝説(レジェンド)となったのか?そのすべてが今、スクリーンで明かされる。

◆「燃えよ剣」新選組の熱い絆感じるオフショット解禁

解禁されたオフショットには、新選組局長の近藤を中心に、副長の土方、一番隊組長の沖田をはじめ、六番隊組長・井上源三郎(たかお鷹)、土方と同じ副長を務める山南敬助(安井順平)、二番隊組長・永倉新八(谷田歩)、八番隊組長・藤堂平助(金田哲)、副長助勤・斎藤一(松下洸平)、十番隊組長・原田左之助(吉田健悟)ら新選組の主力メンバーがずらりと集結。彼らは、激動の時代の中でそれぞれの信念を絶やさずに戦い抜いた仲間であり、公開された写真では、気の置けない仲間たちとの爽やかな笑顔がまぶしく、いずれ時代に引き裂かれ別々の道を歩んでいくことになる彼らの未来に思いを馳せると、切なさが溢れる一枚となっている。

◆岡田准一・鈴木亮平・山田涼介、深い信頼関係で新選組を演じる

そんな新選組の中でも、とりわけ固い絆で結ばれていた土方・近藤・沖田の3人。彼らを演じた岡田、鈴木、山田も撮影現場では互いに深い信頼関係を築いていたようで、「鈴木さんも山田君も、それぞれが演じるキャラクター同士で生まれる化学反応みたいなものを一緒に探していけたのかなと思います」と岡田は振り返る。対する鈴木も、「岡田さんほど映画作りのことを理解している俳優はいないんじゃないか。自分が一番がんばっている背中を見せて、引っ張っていく姿は相変わらず勉強になりました。山田君はとにかく役者に向いてますね。沖田の病気の役作りも本当にずっと自分でやってましたし、素晴らしかったです」と2人を絶賛。

一方、そんな彼らと初共演を果たした山田も、「鈴木さんは、現場でカメラが回る前からずっと新選組の士気をあげてくださっていて、岡田さんは黙々と隊士一人一人の殺陣をずっと現場で見てくださいました。だから近藤さんが新選組の士気を作って、土方さんがその土台を作っていく、というか、その作業が新選組そのものだ!と。お2人の姿勢がかっこよかったです」と、岡田と鈴木から多くの刺激を受けたことを振り返っている。なお、こちらの写真は東京メトロ新宿駅の駅構内通路にて17日まで交通広告が掲出されている。(modelpress編集部)

◆「燃えよ剣」あらすじ

開国か倒幕か。動乱の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」。彼らはいかにして、歴史に名を刻む“伝説(レジェンド)”となったのか?

江戸時代末期。黒船が来航し開国を要求した。幕府の権力を回復させ外国から日本を守る佐幕派と、天皇を中心に新政権を目指す倒幕派の対立が深まりつつあった激動の時代。武州多摩の“バラガキ”だった土方歳三(岡田准一)は、「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇(鈴木亮平)、沖田総司(山田涼介)ら同志と共に京都へ向かう。

徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨(伊藤英明)を局長に擁し、市中を警護する新選組を結成。土方は副長として類まれな手腕と厳しい法度で組織を統率し、新選組は倒幕派勢力の制圧に八面六臂の活躍を見せる。お雪(柴咲コウ)と運命的に出会い惹かれあう土方だったが時流は倒幕へと傾いていき…。

池田屋事件、鳥羽・伏見、五稜郭の戦い…変革の世で剣を手に命を燃やした男たちの、信念と絆。愛と裏切り。そのすべてを圧倒的スケールで描き切る、スペクタクル・エンタテインメント大作。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/11 10:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます