安住アナ番組で池に落ちたCBCアナ 滝行でもずぶ濡れに 「若狭アナ」トレンド入り

拡大画像を見る

 7日放送のTBS系「THE TIME,」で池に落ちてずぶ濡れ登場となったCBCの若狭敬一アナウンサーが11日、再び同番組の中継コーナーに登場した。若狭アナは大のドラゴンズファンとして、地元では有名。この日はプロ野球ドラフト会議当日とあって、熱いドラゴンズ愛をこの日も吐露。一時「若狭アナ」がトレンド入りした。

 若狭アナはこの日、地元・名古屋のドラフト注目選手、享栄高校の竹山日向選手の自宅から中継に登場。天気などを冷静に伝え、安住アナは「先週池に落ちたアナウンサーとは思えない落ち着きですね」とツッコまれた。

 その後、竹山選手にインタビュー。さらにインタビュー後には、ドラゴンズのユニフォームに着替え「完全にドラゴンズモードに切り替わっております」と息巻いた。

 そして「ドラゴンズファンしか知りませんが、ドラフトの成功祈願の滝行を3年前からやってまして、先月末も滝に打たれて参りました」と言い出し、滝行でずぶ濡れの映像が流れた。そして「3年前は根尾選手を4球団強豪の末、2年前は石川選手を3球団強豪の末、くじで引き当て獲得という経緯がありますので、今年もドラゴンズのドラフト成功、間違いなしと確信しています!」と力強く訴えた。

 さらに若狭アナは、中日のドラフト1位は上武大学のブライト健太選手と予測。「ぜひ青いユニフォームを着てほしい」と呼びかけた。

 あまりの熱のいれように、安住アナは「ドラゴンズの番組じゃないから」とツッコみ。若狭アナも「完全に勘違いしておりました」と言って安住アナを笑わせた。

 若狭アナは、ドラフト会議の会場に行くとドラゴンズがくじを外すというジンクスから18年からドラフト当日は“社内幽閉”。会場に行けない代わりに滝行を行うようになり、中日は根尾、石川を抽選で獲得。さらに19年には、若狭アナの母校・名古屋大初のプロ野球選手・松田亘哲投手を育成で指名するなど、滝行&幽閉効果を発揮している。

 若狭アナは7日の「THE TIME,」でリハーサル中に池に落ち、ずぶ濡れで登場。番組のインスタグラムでは落ちた池がある姫路城の模型と写る若狭アナが紹介されている。

関連リンク

  • 10/11 9:35
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます