小山田圭吾、ドリカム、オザケン… 全員超オワコン化! 90年代人気歌手の無様な現状をレコード会社関係者が激白!

拡大画像を見る

 何とも悲しいニュースだ。「DREAMS COME TRUE(ドリカム)」の中村正人による異例の訴えが話題になっている。ドリカムは先月22日にニューシングル「次のせ~の!で – ON THE GREEN HILL –」をリリース。ところが、これが俗にいう“爆死”状態で10月4日付オリコン週間ランキング(9月20日~9月26日)では初登場20位、翌週のランキングでは35位に順位を下げた。デイリーシングルランキングでも初登場11位だった。レコード会社関係者によると「セールスは1万枚にも届かないのではないか」という。

 この惨状に中村は5日のブログで「PS 必死のパッチ・マサからのお願い」として「NEWシングルのCD、ご購入をお考えのベイビーズはなる早のご購入をお勧めします」と呼びかけ。続けて「ドリカムのCDを取り巻く状況は厳しくCDショップから返品となる前に是非。なんせワースト記録更新なもので(大粒の涙)」と赤裸々につづった。

 ドリカムは1992年11月発売のアルバム「The Swinging Star」が322万枚のトリプルミリオンを達成。シングルCDでも95年7月発売の「LOVE LOVE LOVE」が250万枚を売り上げるなど、数多くのヒット曲を誇る。

 ドリカムの苦境にファンはCDの追加購入などで盛り上げ、中村は6日のブログで「その気持ちにこれまた大粒の涙。ありがとうね」と感謝の言葉を並べたが「焼け石に水かもしれない」(同)という。

 今年はCD全盛の1990年代を生きてきた人にとってはショッキングな出来事が続いた。今夏に閉幕した東京五輪絡みでは、開会式の音楽を担当予定だった「コーネリアス」小山田圭吾に醜聞が発覚。過去、サブカル誌で“障がい者いじめ”を自慢していたことが問題視され、大炎上した。いじめの中身がセンセーショナルに伝えられる一方、若者世代からは「コーネリアス? 誰それ」という声が噴出。

 同様に90年代に人気絶頂だった小沢健二も今年7月、週刊文春で人気急上昇中のバンド「Awesome City Club」のボーカル・PORINとの“ホテル密会”が報じられたが、全く話題にならなかった。イクメンアピールしていた小沢の本性が垣間見える記事だったが、小山田同様、若い世代は総じて「誰それ?」。

 極めつけは、80年代後半から90年代にかけて爆発的な人気を誇った3人組ユニット「TM NETWORK」の6年ぶり再始動だ。2018年1月に引退した小室哲哉も“復帰”するというが、熱狂したのはごく一部。40代音楽ライターは「ビッグニュースだと思ってネットをのぞいたら、SNSで盛り上がっているのは当時のファンだけでした」と苦笑いを浮かべる。

 コーネリアス、小沢健二、TMN、そしてドリカム……まさかのオワコン化に当時青春時代だった男女からは「ショック」「我々も“過去”か」「もうついて行けない」「ナイトメア・カムズ・トゥルーだ」「おわったけいご。。。おわけん。。。涙」など悲痛な叫びがこだましている。時の流れは残酷だ……。

  • 10/10 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • 配信の時代と断捨離の流行も有るしCDは買われないよね※、ファンの世代も出たらすぐ買うって瞬発力も衰えてるだろし※「えっ、出たの?」って今頃気付いてるかも?※

  • k

    10/12 18:30

    オワコン?未だにCDセールスを判断基準にしている時点で、あんたらがオ·ワ·コ·ン(笑)

  • 本当に終わるかどうかなんて解んないよ。70年代後半から80年代の、当時「ニューミュージック」と呼ばれていたジャンルの曲は一旦ほとんど見向きもされなくなったあと、ここ数年で海外から火が着いて「シティポップ」って命名されて世界中で評価されとるし。そもそも「松原みき」さんなんて若くしてお亡くなりになった歌手の曲が世界中でカバーされるなんて、誰が予想したか。記事のライターは「再評価」という言葉を覚えろ。

記事の無断転載を禁じます