「『めざましテレビ』井上清華アナと久慈聡子アナしか…」フジテレビ異常発生!コロナ緊急事態宣言終了で「深刻アナウンサー余り」!!大異動必至で「ステマアナはほぼ全滅」!?

拡大画像を見る

「コロナ禍でテレビ番組の制作体制が大きく変わりつつあります。大みそか恒例の『絶対に笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系)が今年休止になったのも、コロナが原因です。そんな中、“アナウンサー余り”も深刻化。特にフジテレビではアナウンサーが余りに余っているといいます」

 そう話すのは制作会社関係者。

 コロナにより、テレビ各局でアナウンサーの活躍の場が減少。感染対策のため、スタジオに入れる人数は制限され、メイン以外のアナウンサーを起用しない番組も少なくなかった。

「緊急事態宣言が解除され、コロナが落ち着きつつある中、アナウンサー余りが解消されるかと思いきや、そうではないんです。

 コロナ禍では、収録がなければ、“会社に出社せずにリモートで仕事をしてください”と言うことができた。まあ、“アナウンサーがリモートで何やるの?”という声もありましたが。

 今は、収録がなくても、密にならないように気をつけて出社してもらうような状況になりました。ただ、会社には来ているけど仕事がなく“何もしていない”というアナウンサーも少なくない。特にフジテレビではアナが出られる番組が足りていないと言われています。タレントも、アナウンサーがいない中での収録に慣れてきている、というのもあるでしょうね」(前同)

 平日午後の帯番組を見てみると『バイキングMORE』は坂上忍(54)がMCを、伊藤利尋アナウンサー(49)が進行MCを務めている。その後は、報道番組『Live News イット!』はフジテレビOGのフリーアナウンサー加藤綾子(36)がMCを担当。

「夜はバラエティ番組が中心ですから、メインは基本的にタレントです。フジテレビのアナは帯番組に出る機会が少ないわけです。そのため、仕事がないアナウンサーも増え、男女問わず、アナウンス室から別部署に異動するケースも増えています」(同)

■久代萌美元アナは7月人事で「ネットワーク局ネットワーク業務推進部」へ

『さんまのお笑い向上委員会』や『ワイドナショー』に出演し、お茶の間の知名度も高かった久代萌美元アナ(32)も、7月1日付の人事で「ネットワーク局ネットワーク業務推進部」へと異動している。

 また、『S-PARK』やスポーツ中継などを担当していた小穴浩司元アナ(39)と大村晟元アナ(29)も異動となり、小穴元アナは「広報局」、大村元アナは今回「スポーツ局」へと移った。

 さらに、ベテランの佐藤里佳元アナ(54)は「CSR・SDGs推進室」へ、藤村さおり元アナ(48)は「報道局 報道センター」へ、『とくダネ!』のサブMCなどとしても活躍していた森本さやか元アナ(43)は「人事局」に異動している。

「アナウンス室から一気に6人も離れるというのは異例中の異例。しかも、ベテランだけではなく40歳以下の若手アナウンサーが3人も異動したんです。それだけアナウンサー余りが顕著なんでしょうね。

 こうした状況になっているのは、番組の制作体制が変わってきたのが最大の理由でしょう。ただ、そんな状況にあっても新人の採用は続けていた。結果、アナウンサー余りという現象がおきてしまっているわけです」(前出の制作会社関係者)

『とくダネ!』のサブMCを担当していた山崎夕貴アナ(34)も隔週出演の『ワイドナショー』と『人志松本の酒のツマミになる話』のナレーション以外、レギュラー番組がないような状況にある。

「夫は芸人のおばたのお兄さん(33)で知名度や人気も抜群の山崎アナですらそうですからね。近いうちにフジテレビのアナウンス室には“大ナタが振るわれる”と言われています。アナウンサーの仕事は減っているといいますが、テレビ局には常に忙しい部署がたくさんありますからね。

 そういった部署からは“余っているならコッチに回してくれよ”、“アナウンサーはいったい何をやっているんだ?”という怒りの声も上がっている。そのため、ステマ疑惑が報じられた女子アナは近いうちの人事異動で“全滅するのではないか”と、やっかみも含めてささやかれているんです」(前同)

■被害者・三田友梨佳アナ、別格・井上清華アナ、人気・久慈暁子アナは安泰も……

 フジテレビのアナウンサー数名が、美容室や系列店で無料の施術を受ける見返りに、宣伝協力として店のSNSに登場していた“ステルスマーケティング疑惑”。4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が疑惑を報じてから間もなく半年が経過する。

 ステマ疑惑が報じられたのは井上清華アナ(26)、三上真奈アナ(32)、久慈暁子アナ(27)をはじめ、宮澤智アナ(31)、堤礼実アナ(27)、海老原優香アナ(27)、杉原千尋アナ(25)の7人。

「三田友梨佳アナ(34)にも疑惑が報じられましたが、彼女は騒動に巻き込まれた被害者とも言える。また、夜の報道番組『『Live News α』でMCを務めていて評価も高い彼女が、アナウンス室から異動することはないでしょう。また、この3月に『めざましテレビ』のMCに就任した井上アナも次世代エースとして重用されている“別格”です。

 さらに久慈アナも『めざましどようび』や『お笑い向上委員会』などレギュラーもありますし、インスタグラムのフォロワー数は44万人。彼女には批判の声もたびたび上がりますが、なんだかんだ言って人気があります。

 巻き込まれた三田アナ、ステマ疑惑の中心にいましたが井上アナ、久慈アナは安泰と言えそうです。しかし、それ以外のステマ疑惑に関わった女子アナには正直言って何が起こるかわかりません。一気に別部署に行ってしまう可能性もある。ステマ疑惑に全く関係していない久代アナが異動してしまうぐらいですからね」(前出の制作会社関係者)

 フジテレビのアナウンス室は、崩壊に向かいつつあるのだろうか――。

関連リンク

  • 10/11 6:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます