白人女性のクレーマー“カレン”のコスプレ衣装が登場 本名“カレン”さんが「屈辱的」と怒り(英)

拡大画像を見る

今回物議を醸しているコスプレ衣装は、米ハロウィングッズの販売会社「Spirit Halloween」が売り出したものだ。ブロンドのボブのウィッグと大きなサングラスがセットになっており、19.99ドル(約2200円)で販売されている。

近年、英語圏で頻繁に耳にするようになった“カレン(Karen)”とは特定の人物を指す呼称ではない。オンライン辞書「Dictionary.com」では、“カレン”の意味を以下のように掲載している。

「カレンとは感じが悪くて怒りっぽく、権利を主張し人種差別を行う中年の白人女性を指す軽蔑的なスラングです。」

ネット上では問題のコスプレ衣装のようなブロンドのボブスタイルが定着しており、お店やレストランで自分が特権階級であるかのような振る舞いで理不尽なクレームをつける人、反ワクチン活動を行う人、1960年代半ばから1980年代前半に生まれたジェネレーションX世代で複数のお稽古事の送り迎えなどで忙しくしている教育熱心な母親、さらに固定概念の強いステレオタイプなどが当てはまるようだ。

過去には、チップが少ないことで配達員の女性がブチ切れて大暴れしたり、黒人女性に対して差別発言をした女性が抱いていた子犬を投げつけたという異常な行動がニュースとなっており、いずれも“カレン”的であると報じられていた。

こうした背景から世間の認知度は非常に高く、今回のコスプレ衣装が人々の目に留まるとSNS上で瞬く間に拡散された。

人々からは「今年のハロウィンはこれで決まりだな」「こういうコスプレ衣装が欲しかった」など軽いジョークとして捉えている声があがったが、一方で「人種差別をジョークにするのは良くない」「なぜこんな物が流行るの?」「“カレン”に関することを面白おかしくしないで」「“カレン”という言葉の重みが失われてしまっている」「人種差別から利益を得ようとしているのが気に入らない」など批判的な意見が続出した。

なお“カレン”に関するグッズが販売されたのは、今回が初めてではない。すでに雑貨店などでは「カレンのようにならないで(Don’t be a Karen)」などの文字がプリントされたマグカップや「ハロー私はカレン。今日は私の誕生日なんだけど、店長さんとお話しできるかしら?」と書かれたバースデーカード、ボールペンなども販売されている。

これに対して、本名がカレンである人々が該当の商品を店から撤去することを求めて抗議していることをウェブサイト『Tyla』が報じた。

英ウェスト・ヨークシャー州リーズ在住のカレン・ルイスさん(Karen Lewis、45)は、自身の名前がこのように扱われていることに対して以下のようにコメントしている。

「自分のことを“カレン”のようだとは思わないので、このように“カレン”のイメージが植え付けられるのは腹が立ちます。」

「全てのカレンさんが、世間が思うステレオタイプの“カレン”に当てはまると考えられているのは屈辱的ですし、“カレン”に関する商品はこうした考えを助長するものです。人々が面白がって名前を呼ぶというのは、非常に不愉快ですよ。」

「私自身は、“カレン”騒動のおかげで人目を気にするようになったので、クレームをしようとは全く思わなくなりましたね。」

現在のところ、販売会社が商品の販売を中止するような動きはないもようだ。

画像は『Tyla 2021年10月4日付「People Are Not Happy With This Karen Halloween Costume」(Credit: Twitter)(Credit: SWNS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/11 6:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あきひろ

    10/11 19:09

    日本のツイフェミみたいなもんか。

  • 『カレンとは感じが悪くて怒りっぽく権利を主張し人種差別を行う中年の白人女性を指す軽蔑的なスラングです』 彼の国では個人名として一般的に使われるような名前でも軽蔑的なスラングとして使われるのね(´`:) 普通に【クレーマー(lady's)】じゃ駄目なのかね?

  • 自分の名前がクレーマーの代名詞のように扱われたら嫌だな。あとこれは白人に対する人種差別、これに声をあげない人種差別反対の団体や支持者がいかに偽善なのかがわかる。

記事の無断転載を禁じます