板野友美ママに!女児出産 夫・ヤクルト高橋奎二「感謝の気持ちでいっぱい」

拡大画像を見る

 元AKB48で歌手の板野友美(30)が10日、第1子女児を出産したことを、所属事務所を通じて発表した。出産日や名前は非公表。所属事務所によると、母子共に健康で、今後は体調や育児の状態を見ながら「できるだけ早く」仕事復帰するとしている。

 板野はインスタグラムを更新。「はじめまして やっと会えたね」と思いを言葉にし、生まれたばかりの女児とのツーショットを披露。「我が家にかわいい女の子を迎え入れることができました。出産は奇跡の連続でした。生まれてきてくれて本当にありがとう。毎日色んな、表情を見せてくれる我が子に愛しさがとまりません」などとつづった。

 妊娠期間がコロナ禍の重なったことで「不安も多かった」といい、「支え続けてくれた家族や友人、産院の皆さま、仕事関係者の方々、ファンの皆さまに本当に感謝しています」と礼を述べた。新しい家族が増え、母として「笑顔の絶えない家族になっていきたい」と決意表明した。

 夫でプロ野球・ヤクルトの左腕・高橋奎二投手(24)もコメントを発表。「頑張ってくれた妻と、元気に生まれてきてくれた子どもに感謝の気持ちでいっぱいです」とし、「今までにない感情が溢れてきました!」と率直な胸の内を明かした。

 板野は今年1月5日に結婚。AKB48の初代「神7」の出産は前田敦子(29)、篠田麻里子(35)に続き3人目となった。

関連リンク

  • 10/11 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます