西島秀俊主演「真犯人フラグ」謎&伏線だらけの初回 “炊飯器失踪”に視聴者の考察合戦スタート

【モデルプレス=2021/10/10】俳優の西島秀俊が主演を務める日本テレビ系日曜ドラマ「真犯人フラグ」(毎週日曜よる10時30分~)が10日、放送スタート。初回から怒涛の展開となり、視聴者から反響が寄せられた。<※以下ネタバレあり>

◆西島秀俊主演「真犯人フラグ」

同作は、企画・原案の秋元康氏と「あなたの番です」制作スタッフが手掛ける、2クール連続の完全オリジナル新作。西島演じるごく普通の中堅サラリーマン・相良凌介が、家族の失踪事件をきっかけに、真実を暴く壮絶な戦いに挑んでいくという毎話怒濤の展開を繰り広げる予測不能のノンストップ考察ミステリー。

◆「真犯人フラグ」凌介(西島秀俊)の家族が失踪

中堅の運送会社・亀田運輸のカスタマーサービス部に勤務する相良凌介(西島)は、妻の真帆(宮沢りえ)、高校2年生の娘・光莉(原菜乃華)、小学4年生の息子・篤斗(小林優仁)の4人家族。建築中のマイホームの完成を心待ちにするなど幸せな日々を過ごしていた。

ある日、凌介が飲みに行っている間に、妻と子供たちが忽然と失踪。真帆が出かける前に炊飯器のタイマーをかけていったことから事件は「#炊飯器失踪」として大きく注目を集め、凌介に同情の声が集まる。しかし、SNSの投稿をキッカケに凌介に疑惑の目が向けられてしまう。

さらに、ラストシーンでは凌介が部下の瑞穂(芳根京子)と残業をしていると、凌介宛に大きな冷凍の荷物が到着。「お探しのものです」と書かれた発泡スチロールの蓋を開けると、そこにはドライアイスの中に篤斗と思われる腕が見えた。

◆衝撃ラストに反響…早くも考察がスタート

初回から想像を超えてくる残虐な展開となり「怖すぎるけど見ちゃう」「全員怪しく見える」と反響が。

「あなたの番です」に負けない怒涛のストーリーと伏線の連続で、今回も早くも考察を始める人が続出中。

また、SNSの何気ない投稿がきっかけで炎上したり、考察動画をあげるYouTuberぷろびん(柄本時生)に「これ全部、旦那の陰謀」と糾弾されたりと、リアルなネット上の現象を盛り込んだ展開にも注目が集まっていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/10 23:45
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます