【海外競馬】ハットトリック産駒マカダミアがブラジルG1・2勝目/エンリケデトレドララ大賞結果

 現地時間9日、ブラジルのシダーデジャルディン競馬場で、サンパウロ牝馬四冠競走の第2戦、エンリケデトレドララ大賞(3歳牝・G1・芝1800m・6頭立て)が行われた。

 道中2番手を進んだ1番人気のハットトリック産駒マカダミア(牝3、H.フェルナンデス騎手)と、ハナを切った2番人気オリンダドイグアス(牝3、J.アパレシド騎手)の2頭が、直線で後続を突き放す。

 この争いをマカダミアが制し、オリンダドイグアスに1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分47秒843(良)。

 勝ち馬から7.3/4馬身離れた3着には、3番人気のアグネスゴールド産駒オリンピックロンドン(牝3、N.サントス騎手)が入った。

 マカダミアは母Une Autre Etoile、母の父Northern Afleetという血統。ブラジルのA.メネゴロ厩舎の管理馬。

 通算成績は5戦2勝で、今年6月のマルガリータポラクララ大賞に続いてのG1制覇。前走サンパウロ牝馬四冠の第1戦ピラシカーバ男爵大賞(伯G1)は、アグネスゴールド産駒オリンピックラスパルマス(今回は未出走)の短頭差2着だった。

 ハットトリックは父サンデーサイレンス、母トリッキーコード、その父Lost Codeという血統。2005年のマイルCS(GI)、香港マイル(香G1)覇者。現役引退後はアメリカで種牡馬入り。2017年からブラジルでけい養されていたが、昨年の8月3日に同地でこの世を去った。

※馬齢は現地表記に準ずる。

関連リンク

  • 10/10 17:05
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます