【京都大賞典結果】マカヒキが5年ぶりの美酒!アリストテレスとハナ差の接戦を制す

拡大画像を見る

 10日、阪神競馬場で行われた京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m)は、中団でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の9番人気マカヒキ(牡8、栗東・友道康夫厩舎)が、直線で馬群をこじ開けて脚を伸ばし、抜け出そうとしていた1番人気アリストテレス(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)をゴール寸前で捕え、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分24秒5(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気キセキ(牡7、栗東・辻野泰之厩舎)が入った。なお、2番人気ヒートオンビート(牡4、栗東・友道康夫厩舎)は8着、3番人気アイアンバローズ(牡4、栗東・上村洋行厩舎)は12着に終わった。

 勝ったマカヒキは、父ディープインパクト、母ウィキウィキ、その父フレンチデピュティという血統で、16年の日本ダービーを制し世代の頂点に立った実績を持つ。16年秋のニエル賞(仏GII)以降は勝ち星から遠ざかっていたが、ここで5年ぶりとなる復活の勝利を飾った。

<京都大賞典ダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 10/10 15:39
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます