新庄氏 メジャー時代、米国になじむため突然全身の体毛を金色→性格弾ける 元妻大河内証言

拡大画像を見る

 モデル大河内志保(49)が10日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」のアスリートの妻特集に出演し、元夫でプロ野球選手の新庄剛志氏(49)について語った。

 番組では、2000年に結婚し、メジャー移籍した新庄氏と渡米した直後を「世にも奇妙な夫の習性」なるVTRで再現された。

 新庄氏はすぐに米国になじめずに、元気がないこともあったが、ある日、とんでもない行動に出たという。長時間、風呂にこもった末に、「これ見てよ」と米国になじむために、髪をチームメイトと同じ金色に染め、さらに「全身のあらゆる体毛を金色」に染めてしまい、おかしな行動が増えていったという。

 大河内は「自分だけ黒なのが恥ずかしいと言い出したんです」と振り返った。米国に行って変わったかと聞かれると「阪神時代は純粋だったので。思いっきり(アメリカに)染まっちゃったんでしょうね」と語り、浜田雅功が「阪神時代に純粋?」と突っこんで、笑わせた。

 大河内は「付き合いたての時はヒーローインタビューもこちょこちょ話してて、普段通りに話したら?というと、福岡弁が出るのが恥ずかしいと、ものすごいシャイだったんですよ。照れ屋で照れ屋で」と明かし、米国に行って「パーン!と世界が弾けましたね」と語った。

関連リンク

  • 10/10 19:39
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます