飯沼愛 女優デビュー作会見 暴露トークに大照れ「頑張ります」

拡大画像を見る

 女優の飯沼愛が10日、オンラインで行われたTBS系ドラマ「この初恋はフィクションです」(11日スタート、月~木曜、深夜0時40)の制作発表に登場した。

 作詞家の秋元康氏が総合プロデューサーを務めたオーディション番組「私が女優になる日」で約9000人の中から頂点に輝き、主演に抜てきされた。本作で女優デビューとなる飯沼は生徒会長役を演じているが、現場ではずっと寝ているか食べており、一番ギャップがあると指摘され、大照れ。真面目な優等生イメージを覆すお茶目な素顔を絶賛する声が相次ぎ、飯沼は「頑張ります!」とニヤニヤが止まらなかった。

 会見には飯沼以外にも坂東龍汰、窪塚愛流、武山瑠香、赤穂華、三浦涼菜、りゅうがの生徒役7人と、担任の先生を演じる東京03の飯塚悟志が出席した。

関連リンク

  • 10/10 19:16
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます