江原啓之 “予知夢”を見たら「現実に生かさないと」…“不思議な夢”を見たリスナーにアドバイス

拡大画像を見る

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。10月3日(日)の放送は、リスナーから届いた「ちょっとスピリチュアルなメール」「不思議な夢のメール」を紹介しました。


◆「自分が死んだ直後」の夢を見ました
私は夢日記をつけるのが好きで、朝起きて覚えている夢があると書き留めています。たまに予知夢を見たりするのですが、そのなかで個人的に印象に残った夢があります。

2年ほど前に見た夢で、今でもはっきりと覚えています。その日見たのは「自分が死んだ直後の場面」に居合わせているような夢でした。私は何らかの理由で死んだようで、自分の肉体が実家の布団に横たわっていました。その隣に母が座って泣いています。当の私は、霊のような存在になっていました。ぼんやりとした透明人間のようになっていたのだと思います。

「あれ!? 私、死んでるじゃん!」と思った瞬間、「自分はここにいるよ」と母に懸命にアピールするのですが、気付いてもらえませんでした。とても悲しくなって、「これからどうすればいいんだ……」と夢のなかで大泣きしてしまいました。

そうこうしているうちに目が覚めたのですが、現実世界でも涙を流していて、泣きながら起床したのです。自分でもびっくりしました。なんだか死後の先行体験をしているようで、とても不思議な夢でした。「死んだ後はこんな感じなのかな?」と勝手に解釈していますが、このような夢が暗示するものとして何かあるなら、ご教示いただきたく思います。

◆江原からの“ことば”
こういうことがあるとしたら「予知夢的」なことです。でも、この夢はあなたが2年ほど前に見た夢ですので、これから起こることではないと思います。もし、あなたが死ぬ予知夢であれば、その夢を見てから近いうちに亡くなっているはずですので。

でも、この夢はどちらかというと、「あなたは今、お母さんとのコミュニケーションをうまく取れていますか?」「自分自身が今、死んでも悔いのないような生き方をしていますか?」という現実を見せつけられていることのほうが濃厚です。ただ見た夢を分析しているだけではダメ。その夢を現実に生かさないとね。あなたの横で泣いているお母さんを見て、自分も泣きじゃくって目が覚めるくらいなのだから、あなたは悔いがないようにお母さんと接していますか? そういうことです。

だから、どちらかというと(そのような夢をみることで)「教育的指導が入りました」って感じだと思うんです。みなさんも人生を振り返ったときに、悔いのない人生を送ってください。最期には「心から満足して逝ける!」というふうになってくださいね。

◆江原啓之 今宵の格言
「信頼できる絆があると安心につながります」
「どんな素晴らしいメッセージも、それを実践することで感謝につながります


番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。番組サイトまでお寄せください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月11日(月)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM 大阪 毎週日曜 22:00~22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30~12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連リンク

  • 10/10 19:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます