ジャンポケ・おたけのバキバキに割れたボディに「アスリートレベル」と絶賛

拡大画像を見る

 お笑いトリオ・ジャングルポケットのおたけが10月4日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、鏡を前に筋骨隆々のボディを披露した。

 10月開催予定の肉体美を競うフィジーク大会「MUSCLE GATE」への出場を表明しているおたけ。この日は「コンテストまで後13日!! やばいやばい絞れない、、、どうしたらいいんだ、、恥かきたくない、、、やれることはやる。風呂場でもがいてみました!」と書き出し、洗面所での一糸まとわぬ上半身をアップした。そこには、お笑い芸人とは思えぬバキバキの鋼ボディが写っており、以前と比べると、肌もこんがりと小麦色に変化。腹筋はハッキリとした筋が浮かび、見事なシックスパックで、髪をかき上げる右腕の二頭筋もたくましくふくらんでいる。

 驚きのマッスルボディを見せつけたおたけだが、「思いっきり力いれてます笑」と綴ると、「いれなくても割れたい、、、ここから後13日でどこまで絞れるのか! 頑張ります!!」と飽くなき向上心でさらなる高みを目指しているようだ。

「おたけは今年2月より週2回のパーソナルトレーニングに通い始めました。当初は74.8キロあった体重はスルスルと落ちていき、6月26日時点で9.8キロ減の65キロにまで到達。その後は、8月に新型コロナウイルス感染が判明したことから、同19日のインスタグラム投稿では、『久しぶりに身体見たら筋肉も大分落ちてしまい落ち込んでおります、、、』と消沈するも、再び筋トレ生活に。

 蕎麦や焼き魚、納豆、鶏胸肉といった低脂質なヘルシーメニューを逐一公開し、9月16日には64キロとさらなる減量に成功。順調なウエイトダウンが続く一方、筋肉は増量していくという理想的な展開となり、コメント欄には同期の芸人・渡辺直美から『えー!! 凄い頑張って』とのエールがあったほか、『かっこいー!』『すげ~ことになられてますやん!』『やっばカッコよすぎ』『アスリートレベルだろ』『こういうの見ると尊敬する』などの声が集まっています」(テレビ誌ライター)

 コロナによる自宅療養中は、「お家の中でも奥様とは会わないようLINEで連絡を取り。部屋からはトイレ以外出ないようにしてます。ずっと部屋に隔離されてるのは精神的にも参ってきます」と綴り、徹底した隔離生活を明かしていたおたけ。

 そんな鬱憤も溜まってか、復帰後も肉体改造は順調そのもの。芸人離れした圧巻のボディを引っさげ、フィジーク大会で爪痕を残したいところだ。

(木村慎吾)

関連リンク

  • 10/10 18:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます