妻が『夫に優しくできない』理由に共感の嵐 「苦しいほど分かる」「自分もこれ」

拡大画像を見る

「私は夫に優しくできない」

そういった本心を漫画で描いたのは、1歳児を育てる、母親のポジ子(@pojikatsu)さん。

もちろんポジ子さんは、夫へのいじわるで優しくしないのではありません。すべての原因は、妊娠中や産後の積み重なったモヤモヤにあったといいます。

夫婦関係だけでなく、いろいろな人間関係において重要なことが描かれた、ポジ子さんの実録漫画をご覧ください。

子供を産むことを選んだ女性にとって、妊娠中や産後は心身への負担が大きい時期です。

ポジ子さんが妊娠している期間に、夫の借金が発覚。また、つわりで苦しんでいる時に車で会社まで送るよう頼んできたこともあったといいます。

さらに、子供を産んだ後には「いつまで産後なの?」といったり、子育てで妻が寝不足であるにもかかわらず、ぐっすり眠っていたりと、ポジ子さんの心の中でどんどんモヤモヤが蓄積していったのです。

ほかにも日常生活でいろいろな言動が引っかかり、ポジ子さんの中の『無償の優しさ袋』は空っぽに。気付けば、以前のように優しく接することが難しくなってしまったといいます。

ポジ子さんと同じ思いをした人は多いようで、共感する声が寄せられました。

・ずっと残ってるモヤモヤの正体にやっと気付いた。自分もこれだ。

・苦しいほど分かる。他人への優しさって、大切にされないと減っていくんですよね。

・最終的な解決方法が筋トレなのが好き。自分も強くなるぞ!

自らを強くすることで、心の中のモヤモヤを晴らすことにしたポジ子さん。前向きな方法で解決しようとする姿勢に、多くの人が励まされたようです。

「産前産後の恨みは一生」という言葉があるように、つらい時期に受けた仕打ちによっては、その後もわだかまりが残ります。

産前産後に限らず、大変な状況で他人から冷たくされたり、心ない言葉を浴びせられたりしたら、誰もがモヤモヤした気持ちを引きずるでしょう。

ポジ子さんの漫画は、夫婦関係に限らず、人間関係において大切なことを教えてくれました。

[文・構成/grape編集部]

出典 @pojikatsu

関連リンク

  • 10/10 18:03
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • トリトン

    10/12 11:05

    自分の嫁も体を求めると嫌だと言うし連れ娘なのに1円も出さずにバイト代は自分の物そのくせ土日はどこかに連れてけ食事は下手だから作ってくれ、ゴミ出しは寝ていて自分が出して怒るとDVだと家を出る後でばれるけどね。こんな糞女もいるから優しく?あり得ないなもっとも嫁さんチャイナだから仕方がないが。最低チャイナと韓国人の女はたいてい糞だから近付かないように。ゴキブリが可愛く見えるからね。

  • ***

    10/12 10:47

    男も同じですね余り言わないけどね、最近は男女平等とか言っていますができるならやれば良いのですが実際無理だし。女の言う平等は都合の良い事が多いし、社会でも間違いなく女有利な事いっぱいあるけど女にとって有利な事は逆に男には不利なんですが女は自分に有利な差別はスルーだしね、また男は些細な事にはぐちゃぐちゃ言わないからね。男性差別の上でようやく男女平等と言われる事が成り立っていますからね。

  • エッコ

    10/11 17:35

    とりあえず、別物の生き物だからね。理解出来るなんて、相当難しいのかも。何年も掛かって理解出来る様になることもあるでしょうが、親じゃ無いんだし旦那の教育までしたくないだろう。理解し合えて行動も伴うなんざ結婚した人類の1割にも満たないんじゃ。そんな伴侶居る人は相当な幸せ者だよね。宝クジ一等より確率低かったりして。

記事の無断転載を禁じます