SixTONES高地優吾、松岡修造&藤田ニコルと共にポジティブパワーで奇跡起こす

【モデルプレス=2021/10/10】SixTONESの高地優吾(「高」は正式には「はしごだか」)が、11日放送のテレビ朝日系「帰れマンデー見っけ隊!!&10万円でできるかな 合体3時間SP」(よる7時~)に出演する。

◆高地優吾、松岡修造&藤田ニコルと共にゲスト参戦

秘境路線バスに乗ったサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)とゲスト陣が、サイコロを振って出た目の数だけバス停を進み、飲食店を探しながらゴールを目指す人気企画「秘境路線バスに乗って飲食店を見つける旅 バスサンド」。

今回、都心から最も近い秘境といわれる埼玉県飯能市を舞台にサンドウィッチマンと旅するのは、3度目の参戦となる“日本一熱い男”松岡修造、そして初参戦となる藤田ニコル、2020年グループでデビューをはたし、今ノリに乗っている高地。松岡のみならず、ニコル、高地もポジティブ思考をさく裂し、過酷な旅を前に番組史上最も“前向き”な爆笑旅を繰り広げる。

◆藤田ニコル、松岡修造に「ヤバくない!?」

参戦する度に予測できない行動を見せる松岡に対し「共演NGにしている」というサンドウィッチマンだが、「NGの壁を乗り越えてくる」とスタート前から戦々恐々。一方、実は高校生の時に会いたい人として松岡を挙げていたというニコルは楽しみにするが、松岡が驚きの姿で登場すると、「ヤバくない!?」と早々に度肝を抜かれることに。そして、旅が進むと共に松岡の熱さは加速していき…。

この日のためにさまざまな企画を仕込んでいた松岡は、旅の途中でいきなり、「修造ワード」や「修造チャレンジ」、そして「熱血プレゼン」なるものを何の前触れもなく始め、ニコルは「なに、なに、なに!?」、高地は「いやいやいや…」と言葉にならない言葉で戸惑う。しかし、そんなことお構いなしに一行を次々と巻き込んでいく松岡にいつしか全員慣れていき、全力で企画に付き合いながらも、終わるとすぐに「さ、行きましょう」と何事もなかったかのように飲食店探しを続ける。

◆藤田ニコルから講座受け松岡修造が妻に「かわいい」を伝える?

松岡に負けず劣らずポジティブなニコルは、飲食店を探してひたすら道を歩いていても辛さを見せるどころか、道のカーブを見ても謎の看板を見つけても「かわいい!」と言って写真を撮るなどしながら楽しむ姿を見せる。松岡が「かわいいって、どういうかわいい?」と質問したところから、ニコルの「かわいい」講座が始まり、そこから一行は「かわいい探し」をすることに。「かわいい」という言葉の前向きさに、感心した松岡は、早速「かわいい」を使って実践を試みるが、立ち寄ったある会社で出会った女性に唐突に「かわいい」と伝え、女性を驚かせてしまう。さらに、松岡が「妻にも言ったことがない」ことを明かすと、伊達が「言っておいた方がいいんじゃないですか?」とカメラを通して伝えることを提案。しかし、松岡は躊躇して…その後、一同が想定していなかった展開が巻き起こる。

◆高地優吾ら、ポジティブパワーで奇跡を起こす

ニコルの予想をはるかに超えた松岡の数々の行動に、ニコルは終始「ヤバい」を繰り返す。伊達に松岡の感想を聞かれたニコルは「想像していたよりヤバかった…良い意味で!」と言うように、驚きつつも松岡とニコルは意外にもいい掛け合いを見せた。

そして、この旅で一番松岡に影響を受けていたのが高地。飲食店があるか偵察に行く際も、松岡と共にダッシュし、松岡が用意した企画にも果敢にチャレンジ。さらに、飲食店を探して永遠に歩く過酷な状況にも「歩いてなかったら出会いないですからね!」とポジティブ発言が。

番組史上最もポジティブな3人が揃った今回の旅、前向きな発言が引き寄せるのか、まさかの奇跡も起こる?それでも避けられない過酷な展開が待ち受けるのが、この旅。想定外の出来事が一同を襲うが、はたして5人は最後までポジティブでゴールすることができるのか?(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/10 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます