『ポツンと一軒家』、柴咲コウの出演に視聴者驚き! 「ずっと変なテンション」「こんな人だった?」と言われたワケ

 10月3日に放送されたバラエティ番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に、女優の柴咲コウがゲスト出演。ネット上では「テレビで久々に見た」などと、驚きの声が上がっていた。

 今回は、岩手県の山中にある一軒家を番組スタッフが探訪し、同地に在住している80代の男性に取材。鹿猟に訪れた人向けの宿泊所を経営していたものの、東日本大震災を機に客足が激減したため、廃業したことが明かされた。

「この男性は現在、クレー射撃やライフルなどの射撃場の運営に専念しているそう。そんな中、柴咲はスタジオトークで同番組のファンだと明かし、自身も北海道に一軒家を購入したなどと告白。山での暮らしやDIYにも興味があるそうで、将来的には、“薪”を自作したいと願望を語っていました」(芸能ライター)

 さらに柴咲は、今回登場した一軒家が射撃場を経営していることを知り、「私もやりたいんですよ、クレー射撃」とコメント。熱心にVTRを視聴しており、的に着弾した際には歓声を上げていた。

「番組終盤で柴咲は、『完本 マタギ 矛盾なき労働と食文化』(山と渓谷社)という書籍を愛読していることも告白。終始、狩猟や射撃について熱心に語っていましたが、ネット上では『自分の話ばっかりしてて、この番組のゲストには向いてない』『久々に見たけど、ずっと変なテンションでビックリした。こんな人だっけ?』『落ち着いた大人のイメージだったけど、すごくうるさい……』など、驚きの声も寄せられていました」(同)

 柴咲は2020年3月にスターダストプロモーションを退社した後、16年に設立し、自身が代表取締役を務める株式会社レトロワグラースを個人事務所にして所属。現在は芸能活動と会社経営を両立している。22年には、出演映画『沈黙のパレード』の公開が控えるなど、独立後も順調に活動しているように見えるが……。

「6月1日発売の『女性自身』(光文社)では、レトロワグラースの“経営難”が報じられています。さらに、同誌は柴咲が『中華系英国人実業家』でパートナーの男性に“心酔”しているとも伝えており、彼女に対してややネガティブな印象を与える報道に。そのためか、『ポツンと』の視聴者から『今は“ちょっと変な実業家”のイメージが強い』『相変わらず綺麗なんだけど、なんか胡散臭いと思っちゃう』との声も寄せられていました」(同)

 熱心に話す姿から、柴咲にピッタリの“ポツンと一軒家”が紹介されたようだが、同番組の視聴者としては、疑問が残るゲストとなってしまったようだ。

  • 10/10 15:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます