8才の女の子が書いた「私が100才になった時」というトピックのエッセイが共感を呼ぶ 「8才ですでに完璧な人生設計」「100才になる前に実行しちゃえば」

拡大画像を見る

8才の女の子が書いたエッセイがTwitterで多くの共感を呼んでいるようです。


https://twitter.com/1scrummymummy/status/1444024564921638917

エマ・ナイトさんという8才の女の子が書いたエッセイがこちらです。“学校生活100日目を記念して”という文言があるので学校の宿題だと思いますが、トピックは「私が100才になった時」です。

「100才になったら、すべてにうんざりしちゃってるわ。だから、みんなにはカナダに行くって言って、ホントはバハマに行っちゃうんだ。小さな犬と一緒に小さな小屋に住むの。お腹が空いたら魚のタコスを注文してね。嫌なことはしないで、最高の人生を送るの」

SNSには共感する声が多数集まっています。

・この子は天才よ
・今すぐバハマに行きたいのよ
・8才ですでに完璧な人生設計
・あと92年よ
・エマと仲良くなりたいわ
・8才が書いた文章とは思えないな
・私が好きなタイプの子だわ
・めっちゃよくわかってるじゃないか
・エマが100才になる頃にはバハマは水没していると思うよ
・8才で人生を理解しているなんて
・エマは私のヒーローよ
・なんて賢い子なの
・素晴らしい知恵だ
・最高の計画じゃないか
・なぜか涙が出てきた
・100才になる前に実行しちゃえば
・私の人生設計の参考になるわ

※画像:Twitterより引用
https://twitter.com/1scrummymummy/status/1444024564921638917

(執筆者: 6PAC)

関連リンク

  • 10/10 16:00
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます