櫻坂46の新曲「流れ弾」を聴いて驚いた。なんだ、このカッコよさは

拡大画像を見る

 まだ3カ月ほど残っている2021年ですが、今年ナンバーワンシングルが決定したかもしれません。イントロが流れた瞬間、“これは何ていうバンドだ?”と見てみたら、まさかの櫻坂46。完全に不意打ちでした。
 彼女たちの3枚目のシングル「流れ弾」(10月13日リリース)は、アイドルグループの既成概念を覆す力強い一曲です。

◆ド迫力のサウンドに、機械的な肉声
 
 冒頭からブリブリとベースがうねり、分厚いホーンセクションが畳み掛けるド迫力のバンドサウンドは、何度も聴き直したくなるほどの完成度。しかも、ただ“アイドルに激しいファンクロックをやらせたら面白いだろう”といったネタ的な引用ではなく、ひとつの楽曲として納得のいく整ったアレンジメントがされている点に、制作者のプライドを感じました。

https://youtu.be/drCopBcrxRM

 この熱量の高いサウンドに反して、いい意味で棒読みな櫻坂のボーカルが、独特のテイストを与えています。生々しい音楽と機械的な肉声の間で、緊張感が生じる。冷静と情熱の綱引きが負荷をかけるので、適当に聞き流すことができなくなるのです。「流れ弾」には、昨今のロックバンドが出せなくなってしまった背徳的なテンションが漂っている。キャッチーさと不穏な空気を両立させる危ういバランスが、楽曲を動かす力になっているのだと感じました。

◆謎の作曲者、デレク・ターナーは何者?

 作曲者のデレク・ターナーなる人物は、一体どんな人なのでしょうか? 複数のソングライティングチームなのでしょうか? とにかく、並々ならぬ熱量と、用意周到な企みが可能にする大人のサウンドに感服するばかりです。 

◆激しいMVもカッコいい

 そして忘れちゃいけないのがMV。アイドル好きな男子はもちろん、女性が見てもかっこいいと思える作りになっているのです。衣装とカラーリングの統一感でシックを体現しつつ、激しい動きで次々と上品さを打ち破っていく。楽曲同様、対立し合う要素が同時進行で攻め合う摩擦の力が、映像のテンションにも繋がっているわけですね。

 音楽のアイデアを汲み取りつつ、映像としても独自の美しさを保つのは、相当に難しいことなのではないかと想像します。このMVも、2021年のベストシングルに推したい理由です。
 
 思いもよらぬところから、ガツンと食らった一発。「流れ弾」は、タイトル通りの衝撃でした。

【櫻坂46】
秋元康氏のプロデュースで2015年に誕生した「欅坂46」が、2020年10月の無観客ライブをもって解散し、新グループ名「櫻坂46」で10月14日に活動スタート。

<文/音楽批評・石黒隆之>


関連リンク

  • 10/10 15:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます