猪塚健太“桐嶋”、美しい歌声で魅了「配信してほしい」

拡大画像を見る

西野七瀬が主演を務めるテレビ朝日・ABEMA共同制作ドラマ『言霊荘』(毎週土曜23:00~)の初回が10月9日に放送。ネット上では、歌手・桐嶋漣(猪塚健太)の歌声に酔いしれる声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

とある女性限定マンションで放った言葉が現実となり、「言霊」という“人ならざる者”に住人女性たちが次々と苛まれていくという、これまでにない類の恐怖が襲うスリリングな地上波初の美しい禁断のホラードラマ。

「コトハの引き寄せチャンネル」の底辺ViewTuber・歌川言葉=コトハ(西野七瀬)は、今日も動画を配信。すると、友人で作詞家の阿木紗香(三吉彩花)から、超格安優良物件の女性限定アパート「レディスコート葉鳥」に空きが出たとの情報が入った。

早速、7号室に引っ越し。紗香をはじめ、アパートの住人である渡邊瞳(内田理央)​​や林原早紀(石井杏奈)​​らも手伝ってくれた。作業を終えてひと段落していると、紗香が作詞を手がけた桐嶋の楽曲が、ヒットチャート10位にランクインしたとの知らせが入る。

番組で「すごくいい歌に巡り会えました。素直に自分の気持ちで歌えるいい歌です」という桐嶋を見て、紗香​​の夢が叶ってよかったと自分のことのように喜ぶコトハ。紗香自身も「夢は口にすれば叶う」とコトハに言われ、前向きに夢を言葉にするようになったと感謝を述べた。

音楽番組で歌う桐嶋​​を皆で見る中、どんな人なのかを問われた紗香だが、複雑な表情を浮かべる。「歌い手としてはいいけど、男としては最低。人を傷つけても平気で笑っていられる。そういう人。私の詞が世に出るのは嬉しいけど、これで彼が脚光を浴びることになるのは、何か悔しい。どこかで彼の不幸を願っている自分がいるの。できれば知らない世界に消えてほしい」。

彼女がそうつぶやき、桐嶋からプレゼントされたブレスレットを捨てると、紗香​​にだけ「約束したよね」との声が聞こえる現象が起こった。さらに、番組で歌う桐嶋​​​​が急に苦しみだし、亡くなってしまう事態に。葬儀を終えた紗香​​は、自分のせいで亡くなったと落ち込む。

ネット上では、本ドラマのために作られたという桐嶋の歌や、猪塚​​自身の歌声に反応が多く「この歌番組、配信してほしい」「音源売ってほしい」「声が綺麗で優しい上に、歌もめちゃくちゃ上手」「目のインパクト強くて、倒れたときの迫力がすごい」​​とのコメントがあった。

次回は10月16日に放送。紗香がある事件に遭ってしまう。コトハは、隣の2号室に住む議員秘書・丸山栞(中村ゆりか)に疑いの目を向けるが……。

関連リンク

  • 10/10 15:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます