空気階段・もぐら「キングオブコント」優勝で議員から祝電!クズキャラ崩壊ピンチ

拡大画像を見る

 今月2日にTBS系で放送された「キングオブコント(KOC)2021」で優勝したコンビ・空気階段が10日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演し、メンバーの鈴木もぐらがキャラ崩壊のピンチに陥っていることを明かした。

 2人はスタジオで、KOCではやらなかったネタを披露した。呪いをかけられた王子が、10年後に人間に戻ると鈴木もぐらの姿になっていたというコントで、しっかりと爆笑させた。

 コント披露後のトークでは、MCの東野幸治から仕事が増えると指摘された。これにもぐらは「どうしたらいいんですかね。なくなっちゃいますよ、このままじゃ、借金が」と懸念を示した。

 もぐらは550万円の借金があり、最近まで妻子と一緒に住むことができずにいたというクズ芸人としての一面を持っている。KOCの賞金は1000万円で折半すれば500万円。さらに仕事が殺到すれば、余裕を持って返済は可能となる計算だ。

 ダウンタウン・松本人志も「いいやつやっていうのがバレちゃってる。ちゃんとしてる、まじめだっていうのがね」と“追い打ち”。優勝を境に、年末年始まで一気にスケジュールは埋まってしまったという。

 さらにもぐらは「おとといぐらいにパチンコ屋さん行ったんですよ。そしたら勝っちゃって」と意に反して絶好調なことを告白。地元千葉・旭市の市会議員からKOC優勝の祝電が届いたことも明かし「やめてください」とキャラ崩壊に拍車がかかることを真剣に嫌がっていた。

関連リンク

  • 10/10 15:32
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます